マイスリー/超短時間型の睡眠薬

よい「おやすみ」とよい「おはよう」を。
Good sleep ― Good life.
すんなり、ぐっすり、すっきり。

高血圧患者を診療されている先生方へ。高血圧患者に「よく眠れていますか?」とお問いかけください。不眠が深く関わっていることがあります。

▼マイスリーとは?

「マイスリー」は、脳の神経をしずめる作用で、不安や緊張をほぐして、自然に近い眠りを誘う入眠剤です。比較的安全性が高く、効き目もよいので、不眠症の治療によく使われています。

睡眠薬の処方としては、“ベンゾジアゼピン系”か“非ベンゾジアゼピン系”の2種類が主流となっていますが、「マイスリー」は、“非ベンゾジアゼピン系”です。“非ベンゾジアゼピン系”とは、ベンゾジアゼピン系とは全く異なる構造を持っているにも関わらず、ベンゾジアゼピン系と同じような効果を発揮する睡眠薬の呼称です。抗けいれん作用、筋弛緩作用などの副作用が少ないのが特徴です。睡眠薬特有の習慣性や中止時の反動(依存と離脱症状)は、古いベンゾジアゼピン系よりも少ないと言われています。

「マイスリー」は“非ベンゾジアゼピン系”の中では、持続効果が【超短時間型】です。一般的に、寝つきの悪いときや一時的な不眠に処方されます。持ち越し効果が弱く、翌日の眠気や寝起きの不快感も軽減されています。しかし、キレがよい反面、服用直後や夜間起床時に一過性の健忘やもうろうとした状態に陥ることがあります。

▼ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系(ハルシオン、ドラールなど)はGABA-A受容体のオメガ1、オメガ2の両方に作用しますが、非ベンゾジアゼピン系(ロゼレム、ルネスタなど)は、オメガ1受容体にしか作用しないという特徴があります。

睡眠の仕組みに関連しているGABA-A受容体は、オメガ1と考えられています。オメガ2は、どちらかと言うと不安を抑える作用や、身体や手足のけいれんを抑える作用に関係していると言われています。

つまり不眠症を改善するだけであれば、オメガ1にだけ作用する非ベンゾジアゼピン系の方が良いわけです。非ベンゾジアゼピン系はオメガ2に作用しないので、筋肉のゆるみやふらつきといった副作用を軽減することが出来るからです。耐性や依存性もベンゾジアゼピン系よりも少ないのではないかと言われています。薬価は、ベンゾジアゼピン系と比較して非ベンゾジアゼピン系の方が高いです。非ベンゾジアゼピン系は、転倒などのリスクがある高齢者に対して、処方されることが多い睡眠薬です。

ベンゾジアゼピン系 抗不安作用や筋弛緩作用、抗けいれん作用あり。薬価:比較的安い
非ベンゾジアゼピン系 筋肉のゆるみ、ふらつきの副作用を軽減。高齢者向。薬価:比較的高い

▼マイスリーの副作用

「マイスリー」の副作用は、比較的少ないと言われています。正しく服用するかぎり、重い副作用はほとんどありません。人によっては“ベンゾジアゼピン系”の睡眠薬によく見られる筋肉の弛緩(ふらつき、転倒)、倦怠感や脱力感を感じることがあります。

「マイスリー」の特殊な副作用として、一過性前向性健忘やもうろう状態、夢遊症状の発現が報告されています。寝るまでの出来事を覚えていない、起床時の行動を覚えていない、といった事態が起こる可能性があるので、短時間仮眠する際の服用は避けてください。

副作用がひどい場合は、医師の指示に従って、服用量を減量する必要があります。自分だけの判断で薬の量を増やしたり、用法を守らず昼間に飲んだりすると効果が下がり、依存してなかなかやめられなくなってしまいます。指示された用法用量を守ることが大切です。

▼参考:海外データ

【高血圧患者は睡眠時間が短縮すると血圧の上昇がみられます。】
高血圧患者を対象としてイタリアで行われた研究によると、睡眠時間が4時間だった日は、8時間の睡眠をとった日に比べて、深夜、覚醒していた時間帯だけでなく、早朝および午前中にも収縮期血圧と心拍数の有意な上昇がみられたと報告されています。同時に、夜間の尿中ノルエピネフリン排泄量も増加していたことから、睡眠時間の短縮によって夜間に交感神経系が亢進し、血圧、心拍数の上昇に繋がったと著者らは考察しています。高血圧患者が不眠を合併しているときには、基礎疾患の治療と共に、睡眠薬の投与により不眠を改善することで患者のQOLが向上する可能性があります(Lusardi P,et al:Am J Hypertens.12:63-68.1999)。

▼その他の睡眠薬



▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、ターゲットであるシニアの男性。趣味のカメラで人生を愉しんでいる様子を描いています。“よい「おやすみ」とよい「おはよう」を。”というキャッチコピーが秀逸で、全体のトーンを上品な感じに仕上げています。シンボルキャラクターの“笑顔の枕”も入眠剤ということが分かりやすくて、印象的です。



一般名:ゾルピデム酒石酸塩
製品名:マイスリー5mg,10mg
催眠鎮静剤/抗不安剤/非ベンゾジアゼピン系/入眠剤
アステラス製薬
サノフィ・アベンティス

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. レクサプロ/輝いていたあの時間へ

  2. ザイザル/即時相と遅発相の両方に作用

  3. リピディル/1日1回のリピディル錠がKey

  4. 武田薬品工業/タケダの挑戦はつづく

スポンサードリンク

コラム

  1. オブリーン/幻の肥満症治療薬

    ▼オブリーンとは「オブリーン(セチリスタット)」は、リパーゼ阻害剤と呼ばれる肥満症治療剤です(未...

注目の医薬広告

  1. ノルバスク更なる飛躍 選択肢が広がりました24時間、日本の血圧をコントロールする降圧薬。
  2. Triple Kidney Protection〜ニューロタン腎保護のための3つの作用〜▼ニ...
スポンサードリンク