ペガシス/INFの改良版ペグインターフェロン

▼ペガシスとは?

「ペガシス」は、インターフェロン製剤と呼ばれる慢性肝炎を治療する注射剤です。

肝炎はウイルスによって発症する病気です。“ウイルスを肝臓から駆除する”方法として、インターフェロンという蛋白質を利用します。インターフェロンは、人が病原菌に感染した時に放出される物質のひとつで、ウイルス増殖を邪魔したり、ウイルスの合成を阻害したりします。

「ペガシス」は抗ウイルス薬とは違って、インターフェロンそのもので直接ウイルスを攻撃するわけではありません。ウイルスを駆除するための身体の仕組みをインターフェロンが補助して、免疫機能を活性化させるというイメージです。

▼ペグインターフェロンの誕生

インターフェロンという物質は蛋白質なので、身体の中で自然に分解されていきます。そのため、従来のインターフェロン療法では、毎日(週3日場合もあり)注射しなければなりませんでした。

そこで、薬の効果が持続するように、血液中のインターフェロン濃度が安定するように改良したのが「ペガシス」です。一般的に“ペグインターフェロン”と呼ばれています。インターフェロンの注射の頻度を週1回に減らすことで、患者の負担を大幅に軽減しました。

慢性肝炎の中でも、C型肝炎の治療に「ペガシス」を使用するケースでは現在、姉妹品の抗ウイルス薬「コペガス」(リバビリン)と併用して用いられています。

▼C型肝炎とインターフェロン療法

日本のC型肝炎患者のほとんどは、C型肝炎ウイルス(HCV)が発見される以前に、輸血や献血での注射針の使い回しで感染したと考えられています。予防接種の注射器の使いまわしは、1948年頃に始まり、1988年まで続いていました。そういった経緯で、50〜80歳代の患者が多いのが特徴です。現在では、日常生活でC型肝炎ウイルスに感染するリスクは、ほとんどないと言われています。

日本国内のC型肝炎ウイルス(HCV)感染者は、190〜230万人と言われています。C型肝炎は、血液を介してC型肝炎ウイルス(HCV)が肝臓に感染することによって起こる炎症性の病気です。C型肝炎ウイルスに感染した人の約70%が、持続感染に移行して、やがてC型慢性肝炎となります。C型肝炎が慢性化すると、感染に伴う炎症が続くことによって、最終的に肝硬変や肝臓癌へと進展してしまいます。

1992年頃から、インターフェロン療法が承認されて、治療が行われましたが、治療が完了してからもウイルスが陰性のまま潜伏するなど、薬が効果的だった割合はわずか数%という悲惨な状況が続きました。

21世紀に入り、インターフェロン製剤とリバビリンの併用が有効だということが判り、2004年には持続型のペグインターフェロンが開発されました。ペグインターフェロン製剤の「ペガシス」と抗ウイルス剤の「コペガス」(リバビリン)との併用で、それまでわずか数%だったC型肝炎の著効率が約50%まで向上しました。

さらに、ペグインターフェロン製剤の「ペガシス」と抗ウイルス剤の「コペガス」(リバビリン)、更にプロテアーゼ阻害剤の「ソブリアート」を併用することで、著効率が約90%まで大幅に向上しました(初回治療患者の場合)。

しかし、インターフェロンやリバビリンを含む治療法では、副作用が高頻度で出現するため、患者にとっては身体的にも精神的にも重い負担となっています。

▼ペガシスの副作用

「ペガシス」は、使用方法や病気の種類によって、起こりやすい副作用や重篤な副作用に違いがあります。インターフェロン療法の開始直後は、発熱、悪寒、倦怠感、頭痛、不快感、筋肉痛といったインフルエンザに罹ったような重い副作用があらわれます。副作用がひどくて、治療を断念する人もいます。

ペガシス単独で使用した場合 ▼C型慢性肝炎治療時の主な副作用
発熱、倦怠感、皮膚のかゆみ

▼B型慢性肝炎治療時の主な副作用
発熱、頭痛、倦怠感

コペガスと併用した場合 ▼C型慢性肝炎治療時の主な副作用
皮膚のかゆみ、倦怠感、発熱

▼C型代償性肝硬変治療時の主な副作用
倦怠感、発熱、皮膚のかゆみ

▼主なインターフェロン・フリー製剤

現在では、インターフェロン不使用で副作用の少ない画期的なC型肝炎治療薬が登場しています。代表的な薬の「ハーボニー」は非常に優れた薬ですが、1錠当たり6〜8万円もする大変高額な薬剤です。




▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、製品名の由来となっているペガサスがモチーフです。ペガサスの首の部分が、山の頂になっていて、そこで男性がガッツポーズを取っています。騙し絵のような面白いデザインです。

一般名:ペグインターフェロンアルファ-2a(遺伝子組換え)注
製品名:ペガシス皮下注90μg,180μg,
ペグインターフェロンアルファ-2製剤/抗ウイルス療法薬
中外製薬
ロシュ

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ネキシウム/飛び立たせるものがある

  2. スクエアキッズ/日本初4種混合ワクチン

  3. タケキャブ/新発売

  4. コンプラビン/ComPlavin

スポンサードリンク

コラム

  1. ジェネリック/創意工夫でシェアを伸ばせ!

    2010年4月から、政府の後発医薬品使用促進策の一環として、医師が処方箋の【変更不可】欄にサインしな...

注目の医薬広告

  1. ヴィーブヘルスケアの企業広告です。
  2. Smile again―もっと私らしく―【適応追加】エビリファイは非定型抗精神病薬として...
スポンサードリンク