シングレア/10年目のアレルギー性鼻炎薬

わたしの成長、わたしの未来、
10年目のシングレア。

▼シングレアとは?

「シングレア」は、新しい作用機序の抗アレルギー薬です。アレルギーという病気は、“ヒスタミン”や“ロイコトリエン”という体内の物質が深く関わっていることが分かっています。「シングレア」は、主に気管支の収縮や鼻みず、鼻づまりなどに影響を与えると言われる“ロイコトリエン”に作用する薬です。もともとは気管支喘息薬でしたが、2008年にアレルギー性鼻炎の効能が追加承認されました。

気管支や鼻の粘膜の細胞には、“ロイコトリエン受容体”と呼ばれる鍵穴があり、そこにロイコトリエン(鍵)がはまることで、アレルギー症状を引き起こします。「シングレア」は、このロイコトリエン受容体にロイコトリエンより先にはまることで、ロイコトリエンの動きを阻害します。

従来のアレルギー薬(抗ヒスタミン薬)の弱点であった“鼻づまり”に対してもよい効果が期待できるので、花粉症を含めた鼻づまりで困っている患者には「シングレア」と抗ヒスタミン薬を併用することがあります。

▼シングレアの特徴

「シングレア」は、鼻水・鼻づまりなど鼻粘膜のアレルギー症状にも有効ですが、いままでの抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)に較べて、気管支喘息に強い効果を発揮するのが特徴です。軽い喘息の場合は、単独投与でも十分ですが、重い症状の喘息では、吸入ステロイド薬と併用する必要があります。

効果が持続するので、1日1回就寝前の服用で済みます(【シングル・エアー → シングレア】)。普通錠とOD錠、細粒に加え、“チュアブル錠”というお菓子のハイチューのような子供向けの剤形も用意されていて(結構、美味しいらしい)、子供の喘息に良く処方されます。

▼他のアレルギー薬(抗ヒスタミン薬)

・「アレロック」:眠気高い、効果強い、比較的速く効く、1日2回
・「ジルテック」:眠気やや高い、効果やや強い、1日1回、アルコール注意
・「タリオン」:眠気やや低い、効果やや弱い、1日2回
・「クラリチン」:眠気低い(パイロットも服用可)、効果弱い、1日1回、薬価安い
※効き目や副作用には個人差があります。




▼シングレアとキプレス

「シングレア」と「キプレス」は、一般名“モンテルカスト”という有効成分が同じ薬です。適応症や用法用量、添加物なども全く同じで製品名が違うだけです。医療用医薬品の世界では良くあることで、“併売品”と呼ばれています。なぜ一物二名称の医薬品が多く存在するのかという理由は、患者にとってのメリットはほとんどなくて、各社のビジネス的な思惑が大きいと言えます(販売経路や領域の得意・不得意など)。なお「シングレア」はMSDから、「キプレス」は杏林製薬から発売されています。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、青空と年表。少女の成長とともに、「シングレア」10年の軌跡を紹介しています。綺麗な青空を背景に飛行機雲で明るい未来を表現しています。青空の心地良さと、アレルギー症状が抑制された時の心地良さが重なって、解放感のある気持ちの良いビジュアルが完成しています。

一般名:モンテルカスト
製品名:シングレア錠5mg,10mg、OD錠10mg、チュアブル錠5mg、細粒4mg
気管支喘息治療薬/アレルギー性鼻炎治療薬/ロイコトリエン受容体拮抗剤
MSD

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. アイミクス/ジャングル大帝

  2. リピディル/1日1回のリピディル錠がKey

  3. レミッチ/難治性のかゆみを改善

  4. エビリファイ/非定型抗精神病薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 誰のためのAGなのか?

    ▼オーソライズドジェネリックとは?オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品...

注目の医薬広告

  1. いざ、アレルギーに負けない日本へ!▼タリオンとは?「タリオン」は、アレルギーの症状をおさ...
  2. 1日1回で目標値へGo down 高尿酸血症治療はフェブリクで▼フェブリクとは?「フ...
スポンサードリンク