プレタール/日本から世界へ

CSPS-II FROM JAPAN TO THE WORD

▼プレタールとは?

「プレタール」は、ホスホジエステラーゼ阻害薬と呼ばれる種類の抗血小板薬です。血管内で血液が固まり、血の流れが滞ってしまうことを“血栓”と呼びます。症状としては、心筋梗塞や脳卒中、脳梗塞が代表的です。血管が詰まってしまうので、身体の末端の組織がダメージを受けて、機能が失われることがあります。

「プレタール」は“血小板(損傷した時に集合して傷口を塞ぐ細胞)”の働きを抑制して、血液が固まるのを防ぎます。主に脳卒中・脳梗塞の再発防止に使われています。抗血小板作用のほかに、血管拡張という付加効果があります。注意点として、“うっ血性心不全”の患者には禁忌で、使用は厳禁です。

ホスホジエステラーゼ阻害薬という種類の薬は、“間欠跛行”と呼ばれる動脈閉塞に対する効果が唯一証明されている抗血小板薬です。単独でも使用しますが、プロスタグランジン系の血管拡張薬と併用すことが多い薬です。特に、脳に繋がる動脈が詰まって起こる“アテローム血栓性梗塞”、頚動脈硬化によって起こる“一過性脳虚血発作”に対する改善効果が高いと言われています。

▼アスピリンとの違い

脳梗塞に対する有効性に、大きな違いはありません。「プレタール」はアスピリン(「バイアスピリン」など)よりも副作用が少なく、脳卒中・脳梗塞の再発率も低いということで、使い勝手が良いと言われています。脳梗塞の種類や患者の状態によって、使い分けられています。

▼プラビックスとの違い

動脈の血栓の予防には、血液が固まるのを抑える必要があります。方法として、血小板の機能を抑制するというやり方と、血管内の状態を改善するというやり方の2種類があります。「プレタール」も「プラビックス」も血小板を抑制する作用がありますが、「プレタール」には血管内皮の保護作用、血管内の機能改善効果もあります。一方、「プラビックス」の売りは“脳・心臓・末梢”に適応があるというところです。これはプラビックスだけの特徴です。脳梗塞に対する有効性に、大きな違いはありません。

▼プレタールとグレープフルーツ

「プレタール」は肝臓で代謝されるのですが、それをグレープフルーツの成分が阻害するため、副作用が出やすくなると言われています。

【併用注意】グレープフルーツジュース[本剤の作用が増強する恐れがあるので、併用する場合は、グレープフルーツジュースとの同時服用をしないように注意する(グレープフルーツジュースの成分がCYP3A4を阻害することにより、本剤の血中濃度が上昇することがある)]。添付文書より

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、侍のシルエット。背後には富士山が見えます。“日本から世界へ”ということで、和風テイストに仕上がっています。それにしても、日本人は侍と富士山が好きですね。医薬業界にかぎらず、広告のキービジュアルに使われる頻度はかなり高いと思います。

日本というコンセプトで考えるならば、縄文時代や弥生時代(卑弥呼とかヤマタノオロチとか)も日本風だと思うのですが、医薬広告ではあまり使われませんね・・・。サムライとフジヤマの世界的な知名度に比べると、物足りないのでしょうか。江戸時代を和風と捉えて別案を考えるならば、忍者なんかも使えそうです。

キャッチコピーの「CSPS-II」とは、脳梗塞発症後の再発と安全性を調べるために、日本国内合計278施設が参加した大規模臨床試験のことです。2010年、国際脳卒中会議(ISC)で、「アスピリンに比較して「プレタール」の方が、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)ならびに重篤な出血の発症リスクが低減された」という結果が報告されました。

▼富士山のキービジュアル



スポンサードリンク


一般名:シロスタゾール
製品名:プレタールOD錠50mg,100mg、散20%、
体液用薬/抗血小板剤
大塚製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. マリゼブ/1週間、実感する力

  2. イナビル

  3. レミケード/寛解から関節破壊抑制へ

  4. ミカトリオ/ARB+アムロジピン+利尿薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

注目の医薬広告

  1. クレストールとは?「クレストール」は、体内のコレステロールの生成を抑える高脂血症の薬です。
  2. 時代が 進む 瞬間がある▼ソバルディとは?「ソバルディ」は、C型肝炎のウイルス増加をおさえる...