アロキシ/室内のゾウの意味とは?

アロキシでよかった。

▼アロキシとは?

「アロキシ」は制吐剤で、抗がん剤投与の副作用で生じる消化器症状(悪心や嘔吐)を改善します。5-HT3受容体拮抗型と呼ばれる種類の注射剤で、抗がん剤による嘔吐中枢への刺激を阻害し、吐き気や嘔吐を抑えます。

がんの化学療法によって引き起こされる悪心・嘔吐は、患者の負担も大きく、QOL低下が起こることから、治療を継続する上での重要な課題となっています。

「アロキシ」は、“シスプラチン(前立腺癌、卵巣癌、膀胱癌などの抗がん剤)”などの化学療法前に注射することで、【急性悪心・嘔吐】や従来の治療薬では効果不十分な【遅発性悪心・嘔吐】に効果を発揮します。

▼アロキシの特徴

癌化学療法に伴う吐き気は、一般的に抗がん剤投与後24時間以内に発現する【急性悪心・嘔吐】、24時間以降に発現する【遅発性悪心・嘔吐】に分類されます。しかし、日本においては、遅発性悪心・嘔吐に対して有効な治療薬が少ないのが課題でした。

「アロキシ」(5-HT3受容体拮抗型)の特徴は、従来の制吐剤と異なり、血中半減期が約40時間と非常に長いことです。【急性悪心・嘔吐】だけではなう、24時間以降に発現する【遅発性悪心・嘔吐】にも有効性が認められています。

▼アロキシの副作用

「アロキシ」の主な副作用は、便秘、頭痛、血管痛などです。かゆみ、発赤、胸部苦悶感を感じることがあれば、深刻な副作用へと繋がる可能性がありますので、速やかに医師に相談してください。

主な副作用 便秘、血管痛、頭痛、しゃっくり、発疹、頻脈、高ビリルビン血症
重大な副作用 GOT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇、QT延長、アナフィラキシー、アレルギー性皮膚炎、異常感覚、インフルエンザ様症状、悪寒、肝機能検査値異常、眼刺激、関節痛、傾眠、下痢、眩暈、倦怠感、高カリウム血症、高血圧、高血糖、心筋虚血、口内乾燥、弱視、消化不良、上室性期外収縮、上腹部痛、静脈炎、食欲減退、食欲不振、ショック、徐脈、多幸感、注射部位疼痛、潮紅、低カリウム血症、低カルシウム血症、低血圧、ALT上昇、洞性不整脈、洞性頻脈、糖尿、AST上昇、尿閉、熱感、発熱、疲労、不安、腹痛、腹部膨満、不眠症、耳鳴、無力症、静脈拡張、注射部位反応、注射部位紅斑、過眠症、末梢感覚性ニューロパシー、静脈退色、乗り物酔い、電解質変動
その他の副作用 Al-P上昇、LDH上昇、胸部苦悶感、血圧低下、呼吸困難、そう痒感、発赤

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、ソファに座ってくつろぐゾウさん。ビジュアルに登場しているゾウは、映画「星になった少年」に出演したアジア象のランディくんです。

ランディくんが【EMESIS(嘔吐)】と刻まれた物体を踏みつけていますが、これは「アロキシ」が“吐き気を抑える”という意味です。部屋の中にゾウがいるというシチュエーションは“癌に関連する薬”ということを暗喩しています(理由は後述)。

ゾウという動物はとても頭が良く、感情が豊かで共感能力が高く、仲間に対して深い愛情を見せることで知られています。抗悪性腫瘍治療の良きパートナー、といった優しい雰囲気に仕上がっています。

▼部屋の中のゾウ(Elephant in the Room)とは?

強烈な吐き気の原因となるのは、膀胱がんなどでよく使われる“シスプラチン”という成分です。「アロキシ」は、この抗癌剤による吐き気を抑える制吐剤です。

膀胱がんは、海外では「室内のゾウ(Elephant in the Room)」と呼ばれています。部屋の中に象というのはあり得ないことですが、これは英語の慣用句(イディオム)で、“その場にいる人がみんな問題だと認識していながら、あえて触れずにいる”という意味の習慣的な言い回しです。

膀胱がんは、癌の中でも非常に予後の良い病気で、進行さえなければ命を脅かすことはほとんどありません。そういう傾向もあってか、「分かってはいるけれど、あまり触れたくない、話題にしたくない」という意味で“Elephant in the Room”と呼ばれているのです(膀胱のカタチがゾウの顔に見えるという理由もあると思います)。

また、制吐薬が登場するまでは、抗がん剤治療というのは嘔吐が伴うのが当たり前だ、という認識が医療現場にはありました。こういった点も“その場にいる人がみんな問題だと認識していながら、あえて触れずにいる=部屋の中のゾウ”ということを示唆していると思います。

医療用医薬品は、患者が自分で自分の薬を選ぶことが出来ない、という特殊な業界で成り立っています。つまり、一般的な製品広告は、医薬品にはそのまま通用しないということです。

“室内のゾウ(Elephant in the Room)”のように、一般の人には良く分らないビジュアルでも、専門医にとっては深い意味を持つというのが、医薬品広告の面白いところです。


一般名:パロノセトロン塩酸塩注射剤
製品名:アロキシ静注0.75mg
5-HT3受容体拮抗型制吐剤
大鵬薬品
抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う、急性期及び遅発期の悪心、嘔吐に。

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ザイザル/即時相と遅発相の両方に作用

  2. グーフィス/Dual Actionで完全自発排便へ

  3. ボンビバ/月に1度、ワンショット静注

  4. グーフィス/新作用機序の慢性便秘治療薬

スポンサードリンク

コラム

  1. ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

    HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。

人気の記事

  1. 飲みやすさを考えたエビリファイの2つの剤形双極性障害にDSSという新しいアプローチ▼エビ...
  2. ▼ヴィキラックスとは?「ヴィキラックス」は、C型肝炎ウイルスに直接作用して効果を発揮する内服薬の...
スポンサードリンク