グレースビット/強者、現る。

強者(つわもの)、現る。

▼グレースビットとは?

「グレースビット」は、ニューキノロンと呼ばれる抗菌薬です。細菌によって起こるさまざまな感染症に使われています。主に、呼吸器感染症、尿路感染症、耳鼻科領域の感染症などに用いられます。感染症とは、細菌が人体に侵入して暴れる病気です。具体的には、腫れや発赤を生じたり、化膿したり発熱したり、悪影響をもたらします。

病原微生物には、細菌、ウイルス、真菌(カビ)などが含まれますが、「グレースビット」が有効なのは “細菌”による感染症です。グラム陽性菌や陰性菌をはじめ、クラミジアやマイコプラズマという細菌にも効果が期待できます。本来、一般的なウイルス性の風邪には無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のために「グレースビット」を処方されることがあるかもしれません(私も風邪でクラビットを処方されたことがあります)。

▼グレースビットの特徴

「グレースビット」は従来の抗菌薬に比べて抗菌力が強く、いろいろな細菌に有効なのが特徴です。飲み薬では治療の難しかった難治性の感染症にもよい効果を示します。副作用も少ないです。ニューキノロン系は、アレルギーを起こすことが少なく、他の抗生物質にアレルギーのある人にも使われます。抗菌力が強い反面、副作用の下痢や軟便の発現頻度が高いので、第2選択薬といったポジションです。

ニューキノロン系抗菌薬の作用機序は簡単に記すと「DNA合成阻害」です。すなわち、細菌が持つDNAジャイレースおよびトポイソメラーゼといったDNA合成に必要な酵素の作用を阻害し、その結果細菌のDNA複製が阻害されます。こうして細胞分裂ができなくなった細菌は死滅に至るというわけです。

「クラビット」の有効成分“レボフロキサシン”には細菌のDNA合成を阻害する効果があり、特にクラミジアや淋病に対して非常に高い効果を及ぼします。また、性病以外にも、膀胱炎や肺炎、腸炎にも効果があります。

▼淋病(淋菌感染症)とは?

淋菌感染症(淋病)は、江戸時代に吉原で流行した記録も残っているほど古くからある感染症で、昔は治療法も抗生物質もなかったため、不治の病として恐れられていました。しかし、現代では抗生物質を化学的に合成した強力な抗菌薬の登場によって、きちんと薬を飲めば治る病となりました。

淋菌は非常に弱い菌で、人の粘膜から離れると数時間で感染力を失い、日光や乾燥に弱く、高温や消毒液で簡単に死滅します。つまり、普段の生活では感染しにくい菌で、ほとんどの感染経路は性行為によるものです。

日本での感染者は二十代の若年層に多いのが特徴です。厚生労働省の調査では、女性の感染者が男性より極端に少ないのですが、これは女性は自覚症状が比較的少なく、感染に気が付かないからと考えられています。近年の疫学研究では、淋菌感染によってHIVの感染率が上がるという報告があり、治療せずに放って置くと危険な疾患だと言えます。

▼クラミジアとは?

クラミジアは、国内で最も多い性感染症です。主に性行為で感染しますが、オーラルセックスによる咽頭への感染も少なくありません。クラミジアは若年層(29歳以下)の成人女性に多いのが特徴ですが、新生児は母親から産道感染する場合もあります。

近年は、10代女性の感染率の高さが将来の不妊につながるとして問題視されています。女性は感染を受けても自覚症状が乏しいため、無意識にパートナーや出産児へ感染させることがあるので、注意が必要です。

▼抗菌薬と耐性菌

淋病もクラミジアも耐性菌の出現が常に課題となっています。つまり、同じ抗菌薬を何度も使っていると、耐性が出来て薬が効かなくなってくるのです。

予防対策としては、感染が疑われる相手との性交渉は避け、コンドームを必ず使用することです。また、ふたりの間で行ったり来たり感染する“ピンポン感染”を防ぐため、独りだけではなく、お互い同時期に治療を行うことが重要です。

▼グレースビットとクラビットの違い

「グレースビット」と「クラビット」は、どちらもニューキノロン系抗菌薬に分類される薬です。この2剤は同様の作用機序なので、効果や副作用、使用上の注意もほぼ同じです。実は、「グレースビット」と「クラビット」はどちらも第一三共で開発された薬剤で、「グレースビット」は「クラビット」を改良して作った抗菌薬です。

「クラビット」は非常に効果的な抗菌薬で、多くの疾患に対し長年に亘って頻繁に使用されてきました。抗菌剤は長く使っていると“耐性菌”が現れることが判っていますが、次第に「クラビット」が効かないケースが報告されるようになってきたのです。そうした経緯から改良を重ね、新しく「グレースビット」が開発された訳です。

「グレースビット」はクラビット耐性菌に対しても、有効な抗菌作用が認められています。また、耐性菌の出現を防ぐために、適応疾患をあえて「クラビット」よりも絞り込んでいます。耐性菌の数の違いが「グレースビット」と「クラビット」の大きな違いと言えます。

感染症にはまず「クラビット」が処方される場合が多いですが、「グレースビット」の方が抗菌力が強いという特徴があります。「グレースビット」は、日本が独自に改良した成分のため、耐性菌対策として重宝されています。他の抗生物質が効かなかった場合の二次使用で選択されるケースが多い薬です。「クラビット」も「グレースビット」も、既に薬価の安い後発品(ジェネリック)が発売されています。

クラビットジェネリック250mg
クラビットジェネリック500mg

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、筋骨隆々の外国人男性。「クラビット」の改良版ということで、強さを前面にアピールしています。キービジュアルの男性は、もしかしたらポリネシア人なのかなと想像します。ポリネシア人は、体重に対する筋量と骨量の比率が、他のあらゆる人種を凌駕していると言われています。格闘技やアメリカンフットボールなど、世界のスポーツ界で活躍している民族です。


一般名:シタフロキサシン水和物
製品名:グレースビット錠50mg,細粒10%
キノロン/広範囲経口抗菌製剤
第一三共

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. プレタール/プラビックスとプレタールの違い

  2. プラビックス/ATISへの挑戦

  3. ユニシア/ロゼレム/ネシーナ/過食、睡眠不足、高齢化

  4. カデュエット/アムロジピンとアトルバスタチンの配合薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

人気の記事

  1. アロキシでよかった。
  2. C型肝炎は治療が目指せる時代にC型肝炎検査キット▼ハーボニーとは?「ハーボニー」...
スポンサードリンク