クラビット/風邪にも処方?

▼クラビットとは

「クラビット」は、細菌を殺菌する抗生物質です。細菌が原因のいろいろな感染症に用います。風邪を患っても処方されますが、風邪のウイルスに効くわけではありません。細菌による二次感染やその予防のためです。2015年度の時点で、抗生物質の中での売上が「ゾシン」に次いで第二位でした(184億円)。薬価が高いので、病院側が積極的に処方している傾向もあるのかなと思います。

「クラビット」はニューキノロンといわれる抗菌薬で、他の抗菌薬に比べ威力が強く、いろいろな細菌に有効です。クラミジアや淋病などの性病にも効果を発揮しています。現在ではジェネリック薬も数多く出ており、国内でもっとも使用される抗菌薬の一つとなっています。

ニューキノロン系の薬はマクロライド系(ジスロマックなど)で効果があまりみられなかった場合に使用される機会が多い薬です。経口薬なのに、注射薬と同じくらいの効果を発揮すると言われています。効果が強力な分、副作用も少なからず出てしまいます。昔は、100mgを1日3回に分けて服用していたのですが、1日1回の方が効果が高いことが判り、今では500mgを1日1回服用するのが一般的です。

クラビットジェネリック250mg10錠 クラビットジェネリック500mg10錠

▼グレースビットとの違い

グレースビット」と「クラビット」は、どちらもニューキノロン系抗菌薬に分類される薬です。この2剤は同様の作用機序なので、効果や副作用、使用上の注意もほぼ同じです。実は、「グレースビット」と「クラビット」はどちらも第一三共で開発された薬剤で、「グレースビット」は「クラビット」を改良して作った抗菌薬です。

「クラビット」は非常に効果的な抗菌薬で、多くの疾患に対し長年に亘って頻繁に使用されてきました。抗菌剤は長く使っていると“耐性菌”が現れることが判っていますが、次第に「クラビット」が効かないケースが報告されるようになってきたのです。そうした経緯から改良を重ね、新しく「グレースビット」が開発された訳です。

「グレースビット」はクラビット耐性菌に対しても、有効な抗菌作用が認められています。また、耐性菌の出現を防ぐために、適応疾患をあえて「クラビット」よりも絞り込んでいます。耐性菌の数の違いが「グレースビット」と「クラビット」の大きな違いと言えます。

感染症にはまず「クラビット」が処方される場合が多いですが、「グレースビット」の方が抗菌力が強いという特徴があります。「グレースビット」は、日本が独自に改良した成分のため、耐性菌対策として重宝されています。他の抗生物質が効かなかった場合の二次使用で選択されるケースが多い薬です。「クラビット」も「グレースビット」も、既に薬価の安い後発品(ジェネリック)が発売されています。

クラビットジェネリック250mg
クラビットジェネリック500mg

▼広域抗菌薬の使用が全体の約80%

幅広く有効な第3世代セフェム系や、フルオロキノロン系、マクロライド系、カルバペネム系といった抗菌薬の使用割合が、日本では抗菌薬全使用量の約80%を占めており、この非常に高い割合を厚生労働省は問題視しています。抗菌薬は風邪に効かないばかりか、副作用が増えるという報告があるにも関わらず、風邪に抗生物質が効くと考えている患者が多いのが実情です。また、抗生物質を最後まで飲みきらない患者が37%も存在するという調査結果も報告されています。医療費圧迫の問題や、耐性が出来て肝心な時に抗菌薬が効かなくなるおそれなどを考えると、広域抗菌薬の使用を減らす施策が必要なのかもしれません。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、記者会見の演台で指を指している外国人男性。この男性は“第一三共の重役”という話を聞いたことがあるのですが、デマですよね? モデルさんのように見えます。日本発の新薬ということで、日本地図にスポットが当たっています。名前の由来は「CRAVE(熱望する、切望する)IT」→【待ち望まれた薬剤】。重役が記者会見で待望のニュースを発表というイメージでしょうか。


一般名:レボフロキサシン水和物
製品名:クラビット錠250mg,500mg、クラビット細粒10%
合成抗菌剤/キノロン/広範囲経口抗菌製剤
第一三共

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. トラムセット/共同販売から共同販促へ

  2. フルティフォーム/フルチカゾン×ホルモテロール

  3. ゾレア/難治性気管支喘息薬

  4. クレナフィン/日本初の塗る爪白癬治療剤

スポンサードリンク

コラム

  1. 不適切な広告事例

    先日、厚労省が「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書」を公表しました。

注目の医薬広告

  1. その先の投与量へ。低血糖を避けるため、つい消極的になってしまいがちな基礎インスリン投与量。
  2. 動脈硬化の注意信号は、見逃せない。
スポンサードリンク