心房細動/最高齢で3度目のエベレスト登頂

心房細動があった。でも、どうしてもやり遂げたいことがあった
1錠の力。
さらなる脳梗塞発症抑制をめざして

▼イグザレルトとは?

「イグザレルト」は、血液を固まりにくくする血液凝固阻止剤です。心房細動による脳卒中や静脈血栓塞栓症の改善に使われます。「リクシアナ」(エドキサバン)に次ぐ2番目の経口FXa阻害薬です。

従来品の抗凝固薬「ワルファリン(ワーファリン)」とは作用機序が異なります。「イグザレルト」は吸収率が優れており、食べ物との相互作用もほとんど影響がないので、すばやく安定した効果が期待できます。ワルファリンのように、こまめに血液凝固能を検査したり、用量調節に神経をそそぐ必要が減少します。このような特徴から、抗凝固療法における新たな選択肢として期待されています。ただし、使いやすい薬剤とはいえ、出血に対する警戒が必要なことには変わりありません。

▼その他の血液凝固阻止剤

FXa阻害剤としては、他にも「イグザレルト」「リクシアナ」「エリキュース」などが出ています。同じ血液凝固阻止剤の「プラザキサ」とは作用機序が異なります。なお、「プラザキサ」「エリキュース」は1日2回の服用で、「イグザレルト」「リクシアナ」が1日1回の服用です。



▼抗凝固薬(DOAC)市場のシェア

「イグザレルト」は抗凝固薬(DOAC)市場全体の売上で、トップの座を獲得しています(2016年度現在)。市場規模が大きい“心房細動(AF)”の患者層が増えているのが要因です。

製品名(会社名) 2015年度売上 2016年度売上
イグザレルト(バイエル薬品) 517億円 641億円
プラザキサ(ベーリンガーインゲルハイム) 310億円 285億円
リクシアナ(第一三共) 130億円 250億円

▼DOAC4剤、新薬創出加算で明暗(追記:2018年3月)

経口抗凝固薬(DOAC)市場で、しのぎを削っている「リクシアナ」「プラザキサ」「イグザレルト」「エリキュース」ですが、「イグザレルト」と「エリキュース」が、新薬創出・適応外薬解消等促進加算の対象から外れることになりました。つまり、DOAC市場の売上トップ2製品が加算の対象外になったということです。

今回の見直しによって、「リクシアナ」と「プラザキサ」は、ジェネリック参入や収載後15年経過で資格を失わない限り、改定の都度、加算を受け続けることになります。一方、「イグザレルト」と「エリキュース」は、希少疾病の効能追加や有用性など、新たに条件を満たさない限り、加算を受けることが出来なくなりました。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、冒険家の三浦雄一郎さんです。当時81歳。製品名は一切なく、疾患啓発広告のスタイルを取っています。

冒険家、三浦雄一郎さんは心房細動という不整脈の持病を抱えながら、80代の世界最高齢で3度目のエベレスト登頂を果たしました。同じ不整脈(心房細動)で悩む患者さんには非常に励みになったのではないでしょうか。



一般名:リバーロキサバン
製品名:イグザレルト錠10mg,15mg、細粒分包10mg,15mg
血液凝固阻止剤/Fxa阻害薬/選択的直接作用型第Xa因子阻害剤
バイエル

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. アムロジン/配合剤の相棒としても活躍

  2. オルメテック/公認ジェネリックが発売

  3. アレロック/アレルギーへ強さの快答

  4. エパデール/Change

スポンサードリンク

コラム

  1. 誰のためのAGなのか?

    ▼オーソライズドジェネリックとは?オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品...

注目の医薬広告

  1. DSSによる新しい扉をひらく。
  2. Strong & Powerful アレルギー性鼻炎の小児適応が追加されました。
スポンサードリンク