エリキュース/経口FXa阻害剤

守りたい人がいる。

▼エリキュースとは?

「エリキュース」は、FXa阻害剤と呼ばれる血液凝固阻止薬です。血液が固まるのを抑え、血管内で血が固まって起こる病気(脳卒中、血栓塞栓症)を予防します。主に、非弁膜症性心房細動患者の【虚血性脳卒中】や【全身性塞栓症】【静脈血栓塞栓症】の治療および、再発防止として使用されています。

血液凝固阻止薬は、使用すると出血しやすくなることが課題となっており、重篤な出血の場合には死亡に至るケースもあります。出血しやすいかどうかは血液検査などでも正確にはわからないため、注意が必要です。

▼その他の血液凝固阻止剤

FXa阻害剤としては、他にも「イグザレルト」「リクシアナ」などが出ています。同じ血液凝固阻止剤の「プラザキサ」とは作用機序が異なります。なお、「プラザキサ」「エリキュース」は1日2回の服用で、「イグザレルト」「リクシアナ」が1日1回の服用です。



▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、医師と対面している初老の男性患者。付き添いの女性は奥様でしょうか。娘でしょうか。奥さんにしては若いですね(気になる・・・)。日常の風景を切り取った、優しい雰囲気の広告に仕上がっています。当たり前の日常が一番かけがえのないものなのだ、ということを改めて考えさせられます。



一般名:アピキサバン
製品名:エリキュース錠2.5mg,5mg
血液凝固阻止剤/Fxa阻害薬/経口FXa阻害剤
2014年3月1日、投薬期間制限解除
ファイザー
ブリストル・マイヤーズ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. プラビックス/脳梗塞、心疾患、末梢動脈疾患の予防に

  2. クラリチン/眠くなりにくいアレルギー薬

  3. オルメテック/OD錠新発売

  4. イグザレルト/実臨床でのエビデンスに基づく実績

スポンサードリンク

コラム

  1. オブリーン/幻の肥満症治療薬

    ▼オブリーンとは「オブリーン(セチリスタット)」は、リパーゼ阻害剤と呼ばれる肥満症治療剤です(未...

人気の記事

  1. 時代が 進む 瞬間がある▼ソバルディとは?「ソバルディ」は、C型肝炎のウイルス増加をおさえる...
  2. HIV/AIDS領域に特化しグローバルな視点で新たなニーズに応え続けることそれがヴィーブヘルスケアの...
スポンサードリンク