シタラビン/癌細胞を抑制する点滴注射液

▼シタラビンとは?

抗悪性腫瘍剤「シタラビン」は、ジェネリック医薬品です。癌細胞を抑制する点滴注射液で、白血病の治療に使われます。シトシン系の代謝拮抗薬で、SPACと呼ばれています。体内で活性物質のシタラビン(Ara-C)に変換する作用があります。

エラーした細胞のDNAが作られるのを妨害して、癌細胞の増殖を抑制します。主に白血病の治療に使われますが、骨髄異形成症候群の適応症も持っています。



一般名:シタラビン オクホスファート
先発品:スタラシドカプセル100,50
代謝拮抗剤/シトシン系/抗悪性腫瘍剤
テバ製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. バイエル/アスピリンを世に送り出した老舗ブランド

  2. クレメジン/速崩錠で飲みにくさを改善

  3. ザイザル/眠気と効果のバランス型

  4. クレストール/スタチン系最強のストロングスタチン

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

人気の記事

  1. Triple Kidney Protection〜ニューロタン腎保護のための3つの作用〜▼ニ...
  2. うつ病から完全に逃れることはできないかもしれないが、抜け出す手伝いはできる。
スポンサードリンク