シタラビン/癌細胞を抑制する点滴注射液

▼シタラビンとは?

抗悪性腫瘍剤「シタラビン」は、ジェネリック医薬品です。癌細胞を抑制する点滴注射液で、白血病の治療に使われます。シトシン系の代謝拮抗薬で、SPACと呼ばれています。体内で活性物質のシタラビン(Ara-C)に変換する作用があります。

エラーした細胞のDNAが作られるのを妨害して、癌細胞の増殖を抑制します。主に白血病の治療に使われますが、骨髄異形成症候群の適応症も持っています。

スポンサードリンク


一般名:シタラビン オクホスファート
先発品:スタラシドカプセル100,50
代謝拮抗剤/シトシン系/抗悪性腫瘍剤
テバ製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. サノフィ/インスリンの投与量、ためらっていませんか?

  2. オルメテック/ARBのエース

  3. セイブル/α-グルコシダーゼ阻害薬(αGI)

  4. クラビット/進化するニューキノロン系薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

注目の医薬広告

  1. キャッチコピー 「日本人のエビデンス」高血圧症は世界で最も患者数が多い疾患であり、国内では約...
  2. AG Authorized Generic発売準備中▼イルベサルタンとは?『イルベサ...