ランマーク/癌の骨転移にも分子標的薬

骨転移にも分子標的薬。

※ランマークの効能・効果は「多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変」及び「骨巨細胞腫」です。

▼ランマークとは?

骨吸収抑制剤「ランマーク」は、骨がガン細胞によって破壊されるのを抑えて、骨転移の症状を軽くする注射剤です。4週間に1回、外来で治療を受けることが出来ます。

癌細胞が骨に転移すると、痛み、しびれや麻痺などの症状が現れたり、骨折が起こりやすくなります。こういった症状は、命に直接影響を与える病変ではありませんが、日常生活に深刻な支障をきたすため、早期に治療を開始することが重要です。

骨転移は、全世界で150万人以上、日本でも約10~20万人の癌患者が発症しており、特に前立腺癌、乳癌、肺癌などで多く認められている症状です。

▼骨転移とは?

癌が大きくなると、がん細胞は血管やリンパ管を通って他の臓器に侵入し、そこで増殖します。これを「転移」といいます。転移は、血液の流れが豊富な骨や肺、肝臓、脳などの臓器、リンパ液が集まるリンパ節で起こることが多いのが特徴です。中でも、がん細胞が骨に転移することを“骨転移”と呼びます。

▼ランマークの作用機序

「ランマーク」は、破骨細胞の形成や活性化に関わるタンパク質(LANKリガンド)に作用するヒト型モノクローナル抗体です(遺伝子組換え)。

がん細胞は、ランクル(古い骨を壊す細胞の働きを活性化させる物質)の生産を促進して、破骨細胞の働き(古い骨を溶かす)を過剰に活発にして骨をどんどん溶かし、骨の中から必要な栄養を得て増殖していきます。

「ランマーク」の有効成分デノスマブは、このランクル(古い骨を壊す細胞の働きを活性化させる物質)の働きを阻害し、破骨細胞の形成を抑えることで、壊される骨と新しく作られる骨のバランスが保たれます。結果的に、体内の骨量を増加させて、骨の強度を上げるという仕組みです。

▼ランマークの副作用

「ランマーク」の副作用で、特に注意が必要なのは、“低カルシウム血症”です。通常、血液中のカルシウム濃度は一定に保たれていますが、骨吸収抑制剤である「ランマーク」は、破骨細胞による骨吸収を抑える薬です。そのため、骨から血液へのカルシウムの移動が少なくなり、血液中のカルシウム濃度が低くなる可能性があるのです。

【注意】:2012年9月に「重篤な低Ca血症の副作用発現」に関する安全性速報(ブルーレター)が発布されています。

“あごの骨の壊死”や“あごの骨髄炎”なども比較的頻度の高い重大な副作用です。原因は正確に分かっていませんが、“あごの骨の壊死”や“あごの骨髄炎”は、虫歯の治療や抜歯がきっかけで起こることが報告されています。虫歯の治療前・治療中には十分な注意が必要です。

その他の副作用としては、アナフィラキシー(皮膚のかゆみ、じんま疹、声のかすれ、くしゃみ、息苦しさ)や大腿骨の骨折、皮膚感染症(皮膚の赤み、腫れ、皮膚の痛み)、発熱などが報告されています。

比較的多い重大な副作用 低カルシウム血症、あごの骨の壊死、あごの骨髄炎
その他の重大な副作用 アナフィラキシー、大腿骨の骨折、皮膚感染症

▼ランクルと同成分の骨粗鬆症治療薬

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、骨のレントゲン。骨病変にピンを刺すことで、分子標的薬ということを表しています。

製品名:ランマーク皮下注120mg
一般名:デノスマブ(遺伝子組換え)
ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤/骨吸収抑制剤
生物由来製品
第一三共

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. デベルザ/SGLT2 GUARD

  2. シムビコート/ジェネリックが出せない?吸入器の特許

  3. トルリシティ・アテオス/投薬期間制限解除

  4. トラゼンタ/よりシンプルな治療を

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

注目の医薬広告

  1. 急性疼痛に新たな選択肢急性疼痛の効能・効果追加※手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛▼...
  2. 社会に役立つ優れた医薬品を提供し、人々の健康創りに貢献します。
スポンサードリンク