ザルティア/血流改善薬から前立腺肥大症薬へ

毎日がまた楽しくなった
前立腺肥大症治療の新たなパートナー

▼ザルティアとは?

「ザルティア」は、排尿をスムーズに促す前立腺肥大症の改善薬です。前立腺肥大症の排尿障害改善剤【ホスホジエステラーゼ5阻害剤(PDE5)】に分類される薬剤です。血管・尿道・前立腺・膀胱頸部の緊張を和らげたり、膀胱からの過剰な神経活動を抑えることで前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善します。

有効成分のタダラフィルは、ED治療薬のシアリス錠、肺動脈性肺高血圧症治療薬のアドシルカ錠と同じなのですが、血流改善作用から前立腺肥大症に対する効果が認められ、改良して新たな効能をもつ新薬として開発されました。

「ザルティア」とニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤等を併用した場合、過度に血圧が低下することがあります。

▼前立腺肥大症とは?

前立腺は精液の一部を作る、男性だけにある臓器で、膀胱の真下にあります。加齢とともに前立腺が大きくなる傾向があり、50歳以降の男性には珍しくない疾患です。

前立腺が肥大する原因は、はっきりとは解っていません。男性ホルモンの働きが要因であることは間違いなく、中高年になってホルモンバランスに変化が起こることによって、前立腺が肥大すると考えられています。

前立腺が肥大すると尿道を圧迫し、排尿に時間がかかり、残尿感や頻尿といった症状が表れます。この状態が“前立腺肥大症”と呼ばれます。放置しておくと、膀胱や腎臓に悪影響を及ぼす場合もあります。前立腺の肥大が原因で、排尿症状を伴い治療を必要とする頻度は、全体の約1/4と言われています。

近年は、肥満、高血圧、高血糖および脂質異常症と前立腺肥大症の関係が指摘されており、メタボリック症候群との関係についても、研究されています。大豆などに多く含まれているイソフラボノイドには、前立腺肥大症の発症抑制効果があるという指摘もあります。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、犬とランニングを愉しむ中年の男性。犬の首輪に付いているのは「ザルティア」のシンボルマークです。ランニングのパートナーを務める犬は「ザルティア」の化身という感じなのでしょう。日常のなにげない風景を上手に切り取った広告です。

よくある“パートナー物”なのですが、人間と動物の組み合わせというのは、大抵失敗がないですね。広告の世界では【動物:Beast】【赤ちゃん:Baby】【美人:Beauty】を3つの“B”と呼んでいます。困った時は、3つの“B”から選べば、まず失敗しないという教科書通りのビジュアルです。

▼その他の前立腺関連の薬


一般名:タダラフィル
製品名:ザルティア錠2.5mg,5mg
PDE5選択的阻害薬/前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤
日本新薬
イーライリリー

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. シュアポスト/しかと見つめるその先に

  2. サーバリックス/子宮頸がんワクチン

  3. クラリチン/眠くなりにくいアレルギー薬

  4. アテレック/割線入り楕円状

スポンサードリンク

コラム

  1. 長期収載品の今後/環境変化は新たなチャンス

    ▼7000億円以上の売上減いままで、長期収載品は、研究開発費を回収したあとは、売れば売るほど利益...

注目の医薬広告

  1. 2型糖尿病治療の新パートーナー▼スーグラとは?「スーグラ」は、2型糖尿病の治療に用いる、国内...
  2. いざ、アレルギーに負けない日本へ!▼タリオンとは?「タリオン」は、アレルギーの症状をおさ...
スポンサードリンク