タリオン/いざ、アレルギーに負けない日本へ!

いざ、アレルギーに負けない日本へ!

▼タリオンとは?

「タリオン」は、アレルギーの症状をおさえる薬です。良く比較される「アレグラ」も同じヒスタミンH1系の第2世代の抗ヒスタミン薬なので非常によく似ています。「タリオン」には重大な副作用は今のところ報告されていませんが、「アレグラ」に関しては%は低いものの肝機能悪化の副作用報告があります。また、発疹、赤化、かゆみなどの副作用も報告されています。副作用については、服用する人の体質が影響すると思いますので、医師と良く相談した上で、指示にしたがって服用することが大切です。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、言わずと知れた「ゴジラ」ですね。迫力があります。この翌月にも大々的に広告を展開するのですが、現時点ではゴジラは、まだこちらに顔を見せていません。“予告編”といった感じでしょうか。面白い試みです。

以前の広告は、孫悟空のイラストだったのですが、「ストロング」な感じにイメチェンしてきました。たしかに、抗ヒスタミン効果は比較的強い薬ですが、副作用もほとんどないし、そんなに強い薬というイメージはないですけどね。ちなみに、私も服用しております。かなり良く効きます(個人の感想です)。しかし、こういう【権利物】は契約期間があるでしょうから、ブランドイメージとして長く続けにくいのではないでしょうか。

▼他のアレルギー薬との違い

・「アレロック」:眠気高い、効果強い、比較的速く効く、1日2回
・「ジルテック」:眠気やや高い、効果やや強い、1日1回、アルコール注意
・「タリオン」:眠気やや低い、効果やや弱い、1日2回
・「クラリチン」:眠気低い(パイロットも服用可)、効果弱い、1日1回、薬価安い
※効き目や副作用には個人差があります。



▼タリオンのジェネリック

「タリオン」のジェネリックは、2016年末に一度発売が検討されましたが、物質特許の関係でその時は見送られてしまいました。しかし、2018年3月1日にAG(オーソライズド・ジェネリック)として、ニプロから「タリオン」の後発品が発売される見通しです。「タリオン」の物質的な特許は、2017年の12月で満了となります。

これで、抗アレルギー薬のジェネリックがほぼ出揃うことになりました(「ザイザル」の後発品は未発売)。抗アレルギー薬は、長期的に飲み続けることになる薬ですので、価格の安いジェネリックが出揃うことは患者にとって少なくないメリットだと思います。

スポンサードリンク


一般名:ベポタスチンベシル酸塩
製品名:タリオン錠5mg,10mg/OD錠5mg,10mg
選択的ヒスタミンH1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療剤
田辺三菱

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. 第一三共エスファ/添加物、製法まで同一の後発品

  2. 第一三共エスファ/ジェネリック医薬品も選べるんですね!

  3. プラザキサ/投薬期間制限解除

  4. ルネスタ/すっと、すきっと

スポンサードリンク

コラム

  1. オブリーン/幻の肥満症治療薬

    ▼オブリーンとは「オブリーン(セチリスタット)」は、リパーゼ阻害剤と呼ばれる肥満症治療剤です(未...

注目の医薬広告

  1. かゆみよ、止まれ。おかげさまで、レミッチは発売3周年を迎えました。
  2. 「ネキシウムという選択」▼ネキシウムとは?「ネキシウム」は逆流性食道炎の治療として、代表的...
スポンサードリンク