デベルザ/新発売

SGLT2 GUARD

▼テベルザとは?

「デベルザ」は、血糖を下げる糖尿病の薬でSGLT2阻害剤に分類されます。腎臓の尿細管で糖の再吸収を抑制(SGLT2というトランスポーターを邪魔する)することで、余計な糖分を尿として排出させる効果があります。過剰な糖が尿として排泄されることによって、血糖値を下げる薬です。単独では効果が弱いので、他の糖尿病治療薬と併用する場合が多いようです。

「デベルザ」の特徴は“血中の半減期が短い”ということ。つまり、作用する時間が短いのです。「デベルザ」の半減期(約5.4時間)はSGLT2阻害薬の中で最短となっています。半減期が短いことで、朝服用すれば副作用が夜に出にくくなります。SGLT2阻害剤は、過剰な糖分を尿として排泄しますから、夜間頻尿や不眠という副作用が生じます。このような副作用が、SGLT2阻害薬の中では比較的少なくて済むと言えます。

ちなみに「デベルザ」は、別会社から発売されている「アプルウェイ」という糖尿病治療薬と主成分が全く同じ薬です。どちらの薬も効能・効果は同等となります。

▼糖尿病とは?

糖尿病には1型と2型が存在します。1型糖尿病は遺伝性の疾患で(遺伝なので痩せている人や若い人も罹ります)、膵臓に存在するβ細胞と呼ばれるインスリンを分泌する組織が壊れてしまっている状態の病気です。インスリンが分泌できないため、血糖が高くなってしまいます。1型糖尿病の患者には、基本的にインスリン注射を打って、治療します。

一方で2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)は、生活習慣や肥満などによってインスリンの効きが悪くこなることで発症する病気です。「デベルザ」は、2型糖尿病に対して使用する選択的SGLT2阻害剤です。

2型糖尿病治療では、薬を使う前にまずは食事の改善や運動療法が試されます。そして、食事療法や運動療法を行っても血糖値の改善が見られない場合に、「デベルザ」のような薬を併用して、血糖をコントロールします。糖尿病は食事療法、運動療法、薬事療法の3つが基本ですが、ひとつでも手を抜くと血糖値が悪くなってしまいます。日々の血糖値を適切に保つことは、将来起こるかもしれないさまざまな合併症の予防につながります。

▼広告のキービジュアル

広告の写真は、糖尿病薬でよく使われる“角砂糖”を使ったビジュアルです。過剰の糖の排出を邪魔されないように、青緑の制服を着たガードマンたちが守っています。「おやっ」と思わせるビジュアル・インパクトがあって、興味深い広告です。細部まで作り込んであるおかげか、非常にリアリティがあって、引き込まれます。個人的にかなり好きな広告で、私が選考委員だったら賞をあげたいくらいです。

製品名の由来は、ポルトガル語での「美」を意味する「de beleza」。過剰な糖を体外に排泄することで、内面から身体本来の「Inner beauty」を取り戻す、という意味が込められています。

▼SGLT2阻害剤とは?

SGLT2阻害剤は、比較的安全で質の高い血糖コントロールが期待できる薬剤です。体重の減少効果が特徴で、日本よりも肥満の多い欧米で注目度が高い薬です。HbA1cを下げるレベルはDPP-4阻害剤と同じようなレベルと言われ、食後血糖値も空腹時血糖も全体的に下げるため、血糖値はインスリンを使った時に近い挙動になります。低血糖を発症するリスクが少ないのもDPP-4阻害剤と同様です。最も適する糖尿病患者のタイプは“肥満でインスリンの分泌が比較的保たれている患者”ということになります。逆に、痩せている人や高齢者には注意が必要です。

副作用で気をつけなければいけないのは、尿路・生殖器感染症です。排泄される尿が糖分を多く含むようになるので、細菌が繁殖しやすくなります。膀胱炎、尿路感染症、膣カンジダ症といった副作用が現れることがあります。その他の副作用としては、発熱、頻尿、排尿痛、陰部の腫れやかゆみ、脇腹や背中の痛みなどが報告されています。

▼あらためて脚光が当たるSGLT2阻害剤

SGLT2阻害剤については、血糖降下作用や体重減少効果だけでなく、心血管イベントのリスク減少といった複合的な効果が明らかになりつつあります。2015年9月、ストックホルムで行われた「欧州糖尿病学会」において、エンパグリフロジン(ジャディアンスの有効成分)で心血管死亡率は38%も減少したという大規模試験の結果が発表されました。いま、欧米ではあらためてSGLT2阻害剤に脚光が当たっています。

大規模試験の結果でエビデンスが出てきたこともあり、日本糖尿病学会は2016年5月に「SGLT2阻害薬の適正使用に関するレコメンデーション」の改訂を行いました。改訂の結果、高齢者でも適応可能と考えられる対象患者数が拡大しています。

SGLT2阻害薬は、直接的なインスリン分泌促進作用を持たず、体重減少やインスリン抵抗性の改善も期待できることが特徴です。肥満度が高い欧米では、病態に適しているということで高評価ですが、日本では“DPP-4阻害薬”に押されています。2016年の資料によれば、国内のSGLT2阻害薬の処方率は処方箋ベースで2〜3%程度だということです。日本では、圧倒的なDPP-4阻害薬の勢力に立ちすくんでいる状態ですが、臨床試験結果からの逆転はあるのでしょうか。

▼主なSGLT2阻害剤







スポンサードリンク


一般名:トホグリフロジン
製品名:デベルザ錠20mg
糖尿病用剤/選択的SGLT2阻害剤
興和創薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. アメナリーフ/ウイルス泣かせの関所あり

  2. オルメテック/ダブルチェーンドメイン

  3. ノウリアスト/wearing-offに新アプローチ

  4. ミカムロ/STRONG & LONG.

スポンサードリンク

コラム

  1. 誰のためのAGなのか?

    ▼オーソライズドジェネリックとは?オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品...

注目の医薬広告

  1. 2型糖尿病治療の新パートーナー▼スーグラとは?「スーグラ」とは、国内初の選択的SGLT2阻害...
  2. ▼アバスチンとは?「アバスチン」は、2007年4月に承認された世界初の血管新生阻害薬で、他の抗が...