グルベス

キャッチコピー
「王道を往く者」

「グルベス」血糖値を下げる糖尿病の薬です。この薬は2種類の有効成分から成る配合錠で、1つは、速効型インスリン分泌促進薬のミチグリニド(グルファスト)。もう1つは、αグルコシダーゼ阻害のボグリボース(ベイスン)です。

ミチグリニドは、膵臓に働きかけインスリンの分泌を増やすことで、血糖値を下げます。速効短時間型なので、食事の直前に服用することで、食後のインスリン分泌を自然な形に近づけます。ボグリボースは、食後過血糖改善薬とも呼ばれ、腸からの糖分の消化吸収を遅らせることで、食後血糖の上昇を抑えます。

「グルベス」の広告のキービジュアルは【チェス】のキングです。糖尿病治療の“王道”という意味でしょうか。ポーンだと、“最初の一手”→ファーストチョイスという感じですが、キングなので“最後の切り札”といったイメージでしょうか。昔から、チェスやトランプは、医療広告に良く使われる題材です。知的な雰囲気が医薬に合っているのかもしれません。

スポンサードリンク

一般名:ミチグリニド カルシウム水和物/ボグリボース
製品名:グルベス配合錠
糖尿病用剤/配合剤/速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. パキシル/離脱症状を軽減するCR錠

  2. アイミクス/ジェネリック発売へ

  3. オルベスコ/しっかり守る1日1回

  4. ランタスXR/次なるステージへ

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

注目の医薬広告

  1. その先の投与量へ。低血糖を避けるため、つい消極的になってしまいがちな基礎インスリン投与量。
  2. 服薬アドヒアランスの向上と、長期にわたる安定した血糖コントロールを目指して国内初のDPP-4阻害...
スポンサードリンク