グルベス

キャッチコピー
「王道を往く者」

「グルベス」血糖値を下げる糖尿病の薬です。この薬は2種類の有効成分から成る配合錠で、1つは、速効型インスリン分泌促進薬のミチグリニド(グルファスト)。もう1つは、αグルコシダーゼ阻害のボグリボース(ベイスン)です。

ミチグリニドは、膵臓に働きかけインスリンの分泌を増やすことで、血糖値を下げます。速効短時間型なので、食事の直前に服用することで、食後のインスリン分泌を自然な形に近づけます。ボグリボースは、食後過血糖改善薬とも呼ばれ、腸からの糖分の消化吸収を遅らせることで、食後血糖の上昇を抑えます。

「グルベス」の広告のキービジュアルは【チェス】のキングです。糖尿病治療の“王道”という意味でしょうか。ポーンだと、“最初の一手”→ファーストチョイスという感じですが、キングなので“最後の切り札”といったイメージでしょうか。昔から、チェスやトランプは、医療広告に良く使われる題材です。知的な雰囲気が医薬に合っているのかもしれません。

スポンサードリンク

一般名:ミチグリニド カルシウム水和物/ボグリボース
製品名:グルベス配合錠
糖尿病用剤/配合剤/速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ナルサス・ナルラピド/疼痛管理の標準薬

  2. アレロック/アレルギーへ強さの快答

  3. アイミクス/アイの力で降圧に挑む!

  4. ロゼレム/習慣性のない睡眠薬

スポンサードリンク

コラム

  1. オブリーン/幻の肥満症治療薬

    ▼オブリーンとは「オブリーン(セチリスタット)」は、リパーゼ阻害剤と呼ばれる肥満症治療剤です(未...

注目の医薬広告

  1. 2型糖尿病治療の新パートーナー▼スーグラとは?「スーグラ」とは、国内初の選択的SGLT2阻害...
  2. ▼セレコックスとは?「セレコックス」は炎症を鎮めて、腫れ・発赤・痛みなどの症状を和らげる薬です。