セイブル/10周年

いつでもどこでもこれからも

▼セイブルとは?

「セイブル」は、2006年に発売された食後の血糖上昇を抑制する糖尿病の治療薬です。作用機序から“αグルコシダーゼ阻害薬(αGI)”に分類されます。また“食後過血糖改善薬”と呼んだりします。

「セイブル」は、腸内のαグルコシダーゼを阻害し、炭水化物の消化と吸収を遅延化する効果があります。メリットとしては、低血糖の心配がなく、食後高血糖を抑制できるという点です。デメリットとしては、HbA1c降下が控えめで、他の血糖降下薬に較べて服用回数も多く(1日3回)、毎食直前に飲まなければいけないことです。

あくまでも“おまけ”的な効果ですが、「セイブル」を含むαグルコシダーゼ阻害薬は、糖の代謝を改善することで、軽度ですがコレステロール値の改善も認められています。

「セイブル」は効果はマイルドですが、その分安全性に優れた薬剤と言えます。基本的にSGLT2阻害薬やSU薬など他の糖尿病治療薬と併用することが多い薬です。

▼セイブルの利点と欠点

セイブルのメリット 低血糖なし
食後高血糖抑制
非全身性
コレステロール改善
セイブルのデメリット 血糖降下が弱い
下痢、腹部膨満
服用頻度

▼糖尿病とは?

糖尿病には1型と2型が存在します。1型糖尿病は遺伝性の疾患で(遺伝なので痩せている人や若い人も罹ります)、膵臓に存在するβ細胞と呼ばれるインスリンを分泌する組織が壊れてしまっている状態の病気です。インスリンが分泌できないため、血糖が高くなってしまいます。インスリン注射を打って、治療します。

一方で2型糖尿病は、生活習慣や肥満などによってインスリンの効きが悪くこなることで発症する病気です。「セイブル」は、2型糖尿病に対して使用する薬です。2型糖尿病治療では、薬を使う前にまずは食事の改善や運動療法が試されます。そして、食事療法や運動療法を行っても血糖値の改善が見られない場合に、「セイブル」のような2型糖尿病治療薬が処方されます。「セイブル」には直接的な血糖低下作用がないので、他の糖尿病治療薬と併用することが多いです。

▼低血糖が起きやすい糖尿病治療薬

・グリニド系(シュアポストなど)
・インスリン(ランタスXRなど)
・スルホニル尿素薬(グリベンクラミドなど)

▼低血糖が起きにくい糖尿病治療薬

・DPP-4阻害薬(ジャヌビアトラゼンタなど)
・SGLT-2阻害薬(デベルザフォシーガなど)
・ビグアナイド薬(メトグルコなど)
・チアゾリジン薬(アクトスなど)
・α-グリコシターゼ阻害薬(セイブルなど)

▼広告のキービジュアル

ビジュアルは「セイブル」発売十周年の広告です。可愛いイラストですね。「セイブル」なので、ブルドックなのだと推察されます。キャラクターが二匹いますが、ボストンテリア(左の犬:ブルドッグとブルテリアを交配させて出来た犬種)は、OD錠が発売になった時の新キャラです。こういう【ダジャレ系】のアイディアは、製品名を憶えやすい、という効果がありますね。
なぜか、「セイブル」の販促グッズは一時期オークションで大量に出品されていました・・・。ブルドックを飼っている人からの需要があるのでしょうか。

▼語呂合わせの効果

ダジャレは、古くは“掛詞”と言って、平安時代の歌人紀貫之の頃から千年以上使われている手法です。人は意味のない言葉を憶えるのが苦手です。例えば“磯野サザエ”“野比のび太”といった漫画のキャラクター名には、覚えやすいように掛詞の技法が使われています。語呂合わせには、自然と覚える効果があり、語感が良いので人へ伝えたくなるという拡散の効果も持っています。

スポンサードリンク


一般名:ミグリトール
製品名:セイブル錠25mg,50mg,75mg、OD錠25mg,50mg,75mg
糖尿病用剤/αグリコシターゼ阻害剤/糖尿病食後過血糖改善剤
三和化学

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ファイザー/エスタブリッシュとジェネリックの違い

  2. シムビコート/喘息治療の新ステージへ

  3. グレースビット/強者、現る。

  4. 炎症性腸疾患啓発広告/ニーズに応える

スポンサードリンク

コラム

  1. リッツとイソジン、それぞれの争い

    リッツ、ブランド対決の勝敗2016年、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

注目の医薬広告

  1. 取り戻したいのは、穏やかな日常守りたいのは、記憶の絆▼メマリーとは?「メマリー」は、アル...
  2. あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?逆流性食道炎の治療薬「ネキシウム」の疾患...