オルベスコ/吸入ステロイド薬

1日1回、オルベスコ

▼オルベスコとは?

「オルベスコ」は、気道の炎症をおさえる吸入薬で、喘息の治療に使います。
「オルベスコ」の主成分は、ステロイドです。ステロイドには強い抗炎症作用があります。気道の炎症がおさまると、過敏性が低下し発作が起こりにくくなります。日頃からステロイド吸入薬により気道の炎症を落ち着かせておくことが、喘息の発作を予防するのに一番効果的だと言えます。

“ステロイド”というと一般的には副作用が心配されますが、ステロイドの飲み薬にみられるような全身性の副作用はまず起こりません(可能性はゼロではありません)。長期間、大量に使う場合は注意が必要です。副腎皮質機能抑制、成長遅延、骨粗鬆症、白内障、緑内障などが報告されていますが、定期的に検査を受けていれば問題ないということです。ステロイドが微量なことから、高齢者から小児、妊婦にも幅広く使用できる薬です。

▼オルベスコの副作用

副作用で、比較的多いのは嗄声(させい)です。声がかすれたり、のどに違和感を覚えます。症例は少ないですが、まれに口内炎(口腔カンジダ症)が発症することがあります。口腔内トラブルは、吸入後に十分うがいをすることで大抵の場合予防できます。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、老若男女がシャボン玉を吹いている写真です。子供からお年寄りまで使える薬というのが分かります。呼吸器の薬なので、息を吐いて愉しむシャボン玉なのでしょう。

▼その他の気管支拡張剤

吸入型の気管支拡張剤としては、「スピリーバ」「オンブレス」「ウルティブロ」「シーブリ」などがありますが、処方数では外用剤の気管支拡張薬「ホクナリンテープ」(ツロブテロール)がトップです(2014年度)。1日1回貼るだけで済む手軽さと、小児の気管支炎にも使えるというメリットで処方が増えています。







一般名:シクレソニド
製品名:オルベスコ50μgインヘラー112吸入用、100μgインヘラー56、100μgインヘラー112、200μgインヘラー56
呼吸器用薬/吸入ステロイド薬/吸入ステロイド喘息治療剤
帝人ファーマ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. イクセロン/日本初、パッチ型のアルツハイマー薬

  2. リバロ/スタチン初のOD

  3. セイブル/いつもいっしょに―これからも―

  4. レミニール/軽~中等度アルツハイマー病の新薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

人気の記事

  1. ▼ルネスタとは?「ルネスタ」は、非ベンゾジアゼピン系という種類の不眠症治療薬(睡眠薬)です。
  2. 動脈硬化の注意信号は、見逃せない。
スポンサードリンク