田辺三菱 糖尿病治療剤

田辺三菱の糖尿病治療剤(カナグルテネリア)の広告です。これは、近い将来、配合剤を発売する時のその布石としての広告だと思われます。

この数年間で、日本の2型糖尿病の治療は様変わりしました。SU剤(スルホニル系)に成り代わって、DPP-4阻害剤(ジペプチジルペプチダーゼ)が処方率で首位となりました。世界標準薬であるBG剤(ビグアナイド系)のメトホルミンは、国内では勢力を伸ばし切れてません。SGLT2阻害薬は、直接的なインスリン分泌促進作用を持たず、体重減少やインスリン抵抗性の改善も期待できることが特徴で、肥満度が高い欧米では高評価ですが、日本では圧倒的な“DPP-4阻害薬”の勢力に押されています。2016年の資料によれば、国内のSGLT2阻害薬の処方率は処方箋ベースで2〜3%程度だということです。多数勢力のDPP-4阻害剤の中でも、週1回タイプのDPP-4阻害薬という新薬も登場しました。第一選択薬の座を巡る糖尿病治療薬の闘いは、まだまだ続いています。


関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ニューモバックス/高齢者の肺炎予防に

  2. ベザトール/冠動脈疾患患者の糖尿病発症を抑制

  3. アレグラ/発売10周年

  4. トラゼンタ/国内4番目の選択的DPP-4

スポンサードリンク

コラム

  1. 新人のための医薬広告キービジュアル入門

    ▼制限の中で知恵を絞って表現されるキービジュアル医療用医薬品(プロドラッグ)は、患者が自分で自分...

人気の記事

  1. かゆみよ、止まれ。おかげさまで、レミッチは発売3周年を迎えました。
  2. 進化する、ニューキノロン系薬クラビット適応菌種「肺炎クラミジア」「肺炎マイコプラズマ」が追加にな...
スポンサードリンク