オルメテック/ARBのエース

オルメテックOD錠

▼オルメテックとは?

「オルメテック」は、ARBと呼ばれる降圧剤です(国内4番目のARB)。血圧を上げる「アンジオテンシンII(ARB)」の抑制作用があります。血管が拡がり、心臓や腎臓の負担を軽くする効果も期待できます。高血圧の治療に使用されていますが、心不全や腎臓の病気にも有効と考えられています。いわゆるブロックバスターと呼ばれる薬で、たくさん売れている大型製品です。

ARBが登場するまで頻繁に使われていた“ACE阻害剤”に多い「咳」の副作用が改善されています。そのほかの副作用も比較的少なく、長期的な維持療法に適しています。効果に持続性があるので、基本的に1日1回の服用で済む薬です。また、少量の利尿薬との併用で降圧効果が高まると言われています。ARBは降圧剤の中でも人気の高い、主流の薬です。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、CGで作られた青い星です。星が溶けていく様子でOD錠を表現しています。
星は「カシオペア」をイメージしていると推察します。オルメサルタンの特徴が“ダブルチェーンドメイン”なので、「W」の形をしている星座のカシオペアを使ったのだと思います(以前の広告を見ると、もっと分かりやすいと思います)。

オルメサルタンは化学構造上、側鎖にカルボキシル基とヒドロキシル基を有しています。この2つのチェーンが強力に受容体に結合して、降圧効果をもたらすと考えられています。

▼オルメテック・ファミリーとARB市場

オルメテックファミリーとは、「オルメテック」の単剤と配合剤(レザルタス)を含めた総称です。ARBの中では、アジルバファミリー、ミカルディスファミリーに次いで国内で三番目の売上高をあげています。オルメテックファミリーの売上高は、2015年度が921億円、2016年度が869億円、2017年度が446億円と年々落ちていますが、これはARB市場全体に言えることです。ARB市場が完全に冷え切る前に、各社とも次の“ブロックバスター”の発掘に必死となっています。主戦場は高血圧領域から糖尿病領域、特にDPP-4阻害薬へ移りつつあるようです。

▼オルメサルタンの特許切れ:ジェネリック登場

第一三共の100%子会社でジェネリック製品を中心に展開している“第一三共エスファ”が「オルメテック」の公認ジェネリックであるAG(オーソライズド・ジェネリック)を2017年9月中に発売すると発表しました。「オルメテック」のAGはOD錠のみの発売で、薬価は先発品の約半分ということです。他社の「オルメテック」のジェネリック品は2017年12月に発売される予定で、「オルメテック」のAGは他社のジェネリックよりも三ヶ月早いアドバンテージがあるということになります。先発品からAGへのスムーズな切り替えを促して、売上高の減少を最小限に抑えたいという狙いです(2017年9月追記)。

▼主なARB系降圧薬

ニューロタン(一般名:ロサルタン):世界初のARB。尿酸低下作用あり
ディオバン(一般名:バルサルタン):ARBの中で薬価が一番安い
・オルメテック(一般名:オルメサルタン):心臓腎臓など臓器保護作用あり。ARBのエース的存在
ミカルディス(一般名:テルミサルタン):血中半減期がARB最長。24時間持続的に効く
アジルバ(一般名:アジルサルタン):2013年承認最新ARB。降圧効果最強





一般名:オルメサルタン メドキソミル
製品名:オルメテック錠5mg,10mg,20mg,40mg、オルメテックOD錠10mg,20mg,40mg
降圧剤/A-II拮抗剤(ARB)/高親和性 AT1レセプターブロッカー
第一三共

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ペグイントロン/週1回のインターフェロン

  2. リアルダ/簡易診断薬を発売予定

  3. ジャヌビア/数字を見せることで説得力が増す広告

  4. クラビット/進化するニューキノロン系薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 潜在能力を感じるサービス“医薬情報おまとめ便”

    2017年4月に開催された「ヘルスケアIT」で“医薬情報おまとめ便”というサービスを知りました。

注目の医薬広告

  1. はやく、つよく、ながくジルテックなら2歳から▼ジルテックとは?「ジルテック」は、第2世代...
  2. ヴィーブヘルスケアの企業広告です。
スポンサードリンク