イフェクサー/3つ目のSNRI

12月1日―いよいよ。

▼イフェクサーとは?

「イフェクサー」は、憂鬱な気分を和らげるうつ病の治療薬です。セロトニンとノルアドレナリンだけに作用し、他の受容体にはほとんど影響がないので、従来の抗うつ薬にみられる副作用(不快感など)が少ないのが特徴です。

「イフェクサー」は、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)と呼ばれる種類の抗うつ薬です。日本では2015年に発売されましたが、欧米では20年以上の実績がある抗うつ薬として、広く処方されている薬です。

海外で90年代から処方されていた「イフェクサー」が、日本では21世紀になってからの発売となった理由は、日本人の臨床試験の結果があまり良くなかったからです(一旦、発売が中止されています)。つまり、欧米人には効果的でも日本人(アジア人)には効きにくいかもしれない、ということも考えられます。今後「イフェクサー」は、臨床現場で実績を積み重ねて、その能力を証明していくことになります。

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)には、ノルアドレナリンを増やすという特徴があるため、特に“意欲低下”や“気力低下”といった症状の改善に期待が持てると言われています。

「イフェクサー」は、SNRI製剤として「サインバルタ」「トレドミン」に次ぐ、日本で三番目のセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤となります。選択肢がもうひとつ増えることは、“意欲低下”や“気力低下”で苦しむうつ病患者にとって意義のあることだと言えます。

▼その他の抗うつ薬




▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、贈物をいよいよ開ける、というイメージ。「投薬期間制限解除」のお報せ広告です。登場感、期待感のある広告に仕上がっています。リボンがイフェクサーのシンボルマークと同じイメージなのが上手いですね。イフェクサーのマークは「∞」のようなシンボルで、作用機序である「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害」を表していると思われます。

スポンサードリンク


一般名:ベンラファキシン塩酸塩
製品名:イフェクサーSRカプセル37.5mg、75mg
神経系用剤/抗うつ剤/セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)
ファイザー

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. トレリーフ/てんかん薬からパーキンソン病へ

  2. トレシーバ/効き過ぎによる低血糖を軽減

  3. ソブリアード/治癒へのクリアなアプローチ

  4. プラビックス/脳・心・末梢の3領域で適応症を持つ唯一の抗血小板薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

注目の医薬広告

  1. 心房細動の早期発見・早期治療を!ドイツのベーリンガーインゲルハイムと日本脳卒中協会がコラボレーシ...
  2. プラビックスは、脳 心 末梢の3領域で適応症を持つ唯一の抗血小板薬です▼プラビックスとは?...