クラリチン/パイロットでも服用出来る薬

これからも一人一人のアレルギー治療のパートナーとして

▼クラリチンとは?

「クラリチン」は、第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)です。第2世代の特徴は、第1世代に多く見られる余計な作用が減少しているところです。このため、口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんど認められません。

広告のビジュアルは、少し古臭い印象のイラストと写真。老若男女様々な人々が登場します。従来の抗ヒスタミン薬に多くみられる眠気の副作用も軽減されているので、登場人物の中に「パイロット」が登場しています(パイロットも服用可)。よ〜く見ると、こういう細かいところにも意味があるんですよね。面白いです。

▼他のアレルギー薬との違い

・「アレロック」:眠気高い、効果強い、比較的速く効く、1日2回
・「ジルテック」:眠気やや高い、効果やや強い、1日1回、アルコール注意
・「タリオン」:眠気やや低い、効果やや弱い、1日2回
・「クラリチン」:眠気低い(パイロットも服用可)、効果弱い、1日1回、薬価安い
※効き目や副作用には個人差があります。





一般名:ロラタジン
製品名:クラリチン錠10mg、クラリチンレディタブ錠10mg、クラリチンドライシロップ1%
抗アレルギー薬/抗ヒスタミン薬/持続性選択H1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療剤
バイエル

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ジャヌビア/真のパートナーへ

  2. プラビックス/日本人のエビデンス

  3. エパデール/高純度EPAが血管を変える

  4. 心房細動/最高齢で3度目のエベレスト登頂

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

注目の医薬広告

  1. Triple Kidney Protection〜ニューロタン腎保護のための3つの作用〜▼ニ...
  2. 歴史が 変わる 瞬間がある▼ハーボニーとは?「ハーボニー」は、C型肝炎のウイルス増加をおさえ...
スポンサードリンク