トルリシティ・アテオス/朝昼晩、食前でも食後でも注射可

▼トルリシティとは?

「トルリシティ」は、2型糖尿病の注射薬です(注射剤ですが、インスリン代替薬ではありません)。「トルリシティ」はインスリン製剤とその他のすべての糖尿病治療薬との併用が可能ですが、併用する場合、低血糖のリスクが増加するおそれがあります。また「トルリシティ」単剤としても投与が可能です。

ちなみに「アテオス」とはトルリシティ専用の注射デバイスのことです。“腹に当てて、押す”から「アテオス」と命名されました。駄洒落ですね。

▼トルリシティの特徴
・週1回投与(生活に合わせて朝昼晩、いつでも注射可能)
・注射器の簡単な操作(3ステップ操作。針の取付、混和、空打も不要)
・空腹時および食後の血糖値を改善
・副作用発現率29.7%(272/917例:承認時)

現場での評価の高い点は、注射デバイスの「アテオス」がとても使いやすいことです。操作が簡単で週1回で済むため、後期高齢者や要介護者でも使用しやすいと言われています。老人ホームなど看護師の人手が足りない場所では、「トルリシティ・アテオス」のような薬剤が重宝されています。在宅で訪問看護師に注射を依頼することも出来ますし、もちろん自己注射も簡単なため、いろいろな状況の患者に使用出来るというメリットがあります。

▼いつ注射を打つのか?

「トルリシティ」はGLP-1製剤のなかでも、週1回の注射なのが大きな特徴です。自分の生活リズムに合わせて、朝昼晩、食前でも食後でも、いつでも注射が可能です(週1回同じ曜日に投与)。1回使い切りで、操作はたった3ステップ。従来品に多かった“薬剤の混和”や“針の取付け”といった手間が省かれています。

▼注射を忘れた場合

「トルリシティ」は週1回、同じ曜日に投与する薬剤です。投与を忘れた場合は、次回投与までの期間が3日間(72時間)以上であれば、気づいた時点で直ちに投与し、その後はあらかじめ定められた曜日に投与します。次回の投与が3日(72時間)未満の場合は投与せず、次のあらかじめ定められた曜日に投与します。

▼糖尿病とは?

糖尿病には1型と2型が存在します。1型糖尿病は遺伝性の疾患で(遺伝なので痩せている人や若い人も罹ります)、膵臓に存在するβ細胞と呼ばれるインスリンを分泌する組織が壊れてしまっている状態の病気です。インスリンが分泌できないため、血糖が高くなってしまいます。1型糖尿病の患者には、基本的にインスリン注射を打って、治療します。「トルリシティ」は注射剤ですがインスリン注射ではありません。1型糖尿病の患者には、インスリン製剤による速やかな治療が必須となるので、「トルリシティ」を投与すべきでないとされています。

一方で2型糖尿病は、生活習慣や肥満などによってインスリンの効きが悪くこなることで発症する病気です。「トルリシティ」は、2型糖尿病に対して使用するデュラグルチド注射薬です。デュラグルチドには、簡単に云うと“インスリン分泌を間接的に増やす効果”があります。

2型糖尿病治療では、薬を使う前にまずは食事の改善や運動療法が試されます。そして、食事療法や運動療法を行っても血糖値の改善が見られない場合に、「トルリシティ」のようなインスリンの効果を高める薬を併用して、血糖をコントロールします。糖尿病は食事療法、運動療法、薬事療法の3つが基本ですが、ひとつでも手を抜くと血糖値が悪くなってしまいます。

2型糖尿病においては、“血糖コントロール”“服薬の手間”“生活の質の向上”を考慮した治療が、患者に好循環をもたらすと考えられています。週1回投与で済む「トルリシティ」は、血糖低下効果とシンプルで簡単な自己注射方式で、2型糖尿病患者をサポートします。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、医師と向き合う中年男性。週一回で「これなら、できる!」という自信の表情を表しています。専用注射ペンを上から見たような、頭上の緑の球体が印象的です。インクレチンのイメージも重ねているのでしょうか。「トルリシティ」のシンボルマークにも使われています。「トルリシティ」はインスリン注射と違って痛みも少なく、操作も簡単なので、シニアの方にも使いやすいのではと期待されています。

▼トルリシティとバイエッタの違い

エキセナチド注射剤「バイエッタ」は世界初のGLP-1製剤です。「トルリシティ」に比べて半減期が短いので、食前に注射が1日2回必要です。「バイエッタ」は食前に注射しなければなりません。「トルリシティ」は朝でも夜でも食前でも食後でも、自由なタイミングで注射が可能です(週1回)。「バイエッタ」は単剤投与が不可なので、他の糖尿病薬の併用療法で効果が見られない場合の補助として使われています(「トルリシティ」は単剤投与OK)。「バイエッタ」は重度の腎障害の患者には禁忌で、「トルリシティ」は膵炎の患者には禁忌です。

▼トルリシティとビデュリオンの違い

持続性エキセナチド注射剤「ビデュリオン」は、同じ週1回投与のGLP-1製剤として「トルリシティ」より先行して発売されている注射剤です。デバイスの大きさ、針の取り付けに違いがあります。「ビデュリオン」は針の取り付けが必要で更に混和(約80回振る)が必要ですが、「トルリシティ」は針があらかじめ装着されていて、薬の成分を混和する必要もないので、そのまま簡単に使えます。また、「ビデュリオン」に比べて「トルリシティ」は針が細く、ほとんど痛みを感じないということです。
保存条件に関しては「ビデュリオン」の方が優秀です。「ビデュリオン」は“冷蔵庫に保管できない場合は4週間以内に使用すること”とされていますが、「トルリシティ」は“冷蔵庫に保管出来ない場合は2週間以内に使用すること”となっています。


スポンサードリンク


製品名:トルリシティ皮下注0.75mgアテオス
一般名:デュラグルチド(遺伝子組換え融合糖タンパク質)注射液
持続性GLP-1受容体作動薬/グルカゴン様ペプチド-1
大日本住友製薬
イーライリリー

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. プロレナール/腰部脊柱管狭窄からの解放

  2. イーライリリー/がん治療の新しい扉を開く

  3. カルデナリン

  4. 沢井製薬/オンコロジー

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

注目の医薬広告

  1. 急性疼痛に新たな選択肢急性疼痛の効能・効果追加※手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛▼...
  2. NOW YOUR 24 HOURS▼ランタスとは?「ランタス」は、遺伝子組み換えによって創ら...