エレルサ・グラジナ/4番目のIFNフリーC型肝炎治療薬

強く、幅広く、エレルサ/グラジナ。

▼エレルサ/グラジナとは?

「エレルサ/グラジナ」は、C型肝炎経口新薬、インターフェロン(IFN)フリーのC型肝炎治療薬としては、4番目の新薬です(ジェノタイプ1型用)。有効成分のエルバスビル/グラゾプレビル併用療法は、有効性と安全性を兼ね備えた治療法であり、高齢化と有合併症C型肝炎が増加している日本では、新しい選択肢として期待されています。「エレルサ/グラジナ」は、耐性変異の有無にかかわらず、「ハーボニー」と同等の高い治療効果を示すと言われています。

▼なぜ、4番目の新しい薬が?

既に治療効果の高いIFNフリー製剤が3製品も存在している中で、遅れて登場した「エレルサ/グラジナ」ですが、圧倒的なシェアを誇る「ハーボニー」の欠点である“腎臓や心臓への影響”が少ない、というメリットがあります。

「ハーボニー」は非常に優れた薬ですが、腎機能に障害があると使えませんし、心臓に負担がかかります。高血圧や心臓系の持病ががある高齢者には「エレルサ/グラジナ」の方が向いているのかもしれません。

このように、同じ病気の治療薬でも作用が異なる薬の登場は、“使いたくても使えなかった患者”にとって有効な治療の発見につながるので、新しい選択肢の開発というのはとても重要なことです。

▼ジェノタイプとは?

C型肝炎治療薬には、“ジェノタイプ1型向け”“ジェノタイプ2型向け”が存在します。ジェノタイプというのは“遺伝子型”のことで、ウイルスの遺伝子(塩基配列)による分類のことです。日本人のC型肝炎患者の70%がジェノタイプ1型だと言われています。

▼C型肝炎とインターフェロン療法

日本のC型肝炎患者のほとんどは、C型肝炎ウイルス(HCV)が発見される以前に、輸血や献血での注射針の使い回しで感染したと考えられています。予防接種の注射器の使いまわしは、1948年頃に始まり、1988年まで続いていました。そういった経緯で、50〜80歳代の患者が多いのが特徴です。現在では、日常生活でC型肝炎ウイルスに感染するリスクは、ほとんどないと言われています。

C型肝炎の治療といえば、昔はインターフェロン(IFN)療法しか選択肢がありませんでした。しかし、IFN療法は6〜12ヶ月と治療に時間がかかり、治癒率も低く、過酷な副作用が伴う大変なものでした。IFNフリーの「エレルサ」「グラジナ」の発売で、C型肝炎治療の選択肢が拡がりました。

日本国内のC型肝炎ウイルス(HCV)感染者は、190〜230万人と言われています。C型肝炎は、血液を介してC型肝炎ウイルス(HCV)が肝臓に感染することによって起こる炎症性の病気です。C型肝炎ウイルスに感染した人の約70%が、持続感染に移行して、やがてC型慢性肝炎となります。C型肝炎が慢性化すると、感染に伴う炎症が続くことによって、最終的に肝硬変や肝臓癌へと進展してしまいます。

1992年頃から、インターフェロン療法が承認されて、治療が行われましたが、治療が完了してからもウイルスが陰性のまま潜伏するなど、薬が効果的だった割合はわずか数%という悲惨な状況が続きました。

21世紀に入り、インターフェロン療法と抗ウイルス剤のリバビリンとの併用で著効率が約50%に向上。さらに、インターフェロン療法とプロテアーゼ阻害剤の「ソブリアート」を併用することで、約90%まで向上しました(初回治療患者の場合)。しかし、インターフェロン療法を含む治療法では、副作用が高頻度で出現するため、患者にとっては身体的にも精神的にも重い負担となっていました。

そして2014年以降、副作用が少なくて治療効果の高い薬剤が次々と登場しました。1989年のC型肝炎ウイルス発見から、苦節26年。C型肝炎診療の新時代の到来です。



▼C型肝炎の診断の流れ

C型慢性肝炎の診断は、血液検査によって行われます。肝機能に持続的な異常が認められる場合は、C型慢性肝炎を疑い、HCV抗体検査を行います。HCV抗体検査は各都道府県または市町村が実施しています。C型慢性肝炎の抗ウイルス治療は、国および自治体から医療費の助成を受けることができます。
C型肝炎検査キット

HCV抗体検査 ウイルス感染の有無を判定
HCV RNA検査 ウイルス感染持続の有無を判定
ウイルス量/遺伝子型測定 治療方針決定のために、ウイルス量とHCV遺伝子型を判定
肝線維化の進展度の判定 病気の進展度の予測と発ガンの可能性評価

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、ハンマーを持った複数の腕。鉄のハンマーが力強い印象を与えています。一番上は医師の腕でしょうか。エルバスビル/グラゾプレビル併用療法のシナジー効果によるC型肝炎からの解放を意図しています。


商品名:エレルサ/グラジナ
一般名:エルバスビル/グラゾプレビル
C型肝炎治療薬
MSD

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ギリアド/C型肝炎

  2. サーバリックス/子宮頸がんワクチン

  3. ロトリガ/脂質異常に2つの力〜EPA+DHA〜

  4. ゾレア/小児適応追加

スポンサードリンク

コラム

  1. リッツとイソジン、それぞれの争い

    リッツ、ブランド対決の勝敗2016年、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

注目の医薬広告

  1. THE STRONG X2012年1月1日より投薬期間制限が解除されます。
  2. うつ病から完全に逃れることはできないかもしれないが、抜け出す手伝いはできる。
スポンサードリンク