リクシアナ/経口FXa阻害剤

▼リクシアナとは?

「リクシアナ」とは、FXa(活性化血液凝固第Ⅹ因子)を選択的、可逆的かつ直接的に阻害する日本初の経口抗凝固剤のことです。血管の中で血液が固まり、血の流れを止めてしまう状態を“血栓”といいます。放っておくと血管が詰まってしまうので、その先の組織が障害を受けて機能を失ってしまいます。血栓がきっかけとなって起こる深刻な症状として、心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞)が挙げられます。

動脈の血栓の予防には、血液が固まるのを抑える必要があります。方法として、血小板の機能を抑制するというやり方と、血管内の状態を改善する(いわゆる血液サラサラ)というやり方の2種類があります。

「リクシアナ」は静脈血栓塞栓症に有効な“血液凝固阻止剤”です。血液を固まりにくくし、血栓の形成を防ぐことで、静脈血栓塞栓症の再発リスクを予防します。

▼ワーファリンとの違い

同じ抗凝固薬の「ワーファリン」はとても有用な薬で、これがないと困る患者もたくさんいました。課題として、相互作用が多いという欠点があり、禁忌の食品(納豆・青物野菜など)も多いので、使い勝手が悪い薬でした。

「リクシアナ」は「ワーファリン」とは作用のメカニズムが異なり、定期検査も不要(というか検査不可)で、食べ物の制限がほとんどない薬です。また、「リクシアナ」は経口薬なので、毎日注射する手間が必要ありません。同じFXa阻害薬の注射剤と比較して、1日あたりの薬価が約3分の1と安価なこともメリットのひとつです。

もちろん注意点もあります。副作用として消化管出血と月経過多による腟出血の発現率が、「ワーファリン」に比べて多いことです。それから「ワーファリン」よりも、出血の予測が難しいことです。現時点では、「プラザキサ」に対する「プリズバインド」ような抗凝固活性を中和する薬剤もありません。従来の血液凝固阻止剤に較べて使いやすいとはいえ、効きすぎによる出血過多には充分な注意が必要です。

▼リクシアナと納豆

従来の抗凝固薬(ワルファリンカリウム)には、ビタミンK含有食品(納豆や青物野菜など)を摂ることによって、薬の効き目が弱まるという欠点がありました。しかし、「リクシアナ」はFXa(活性化血液凝固第Ⅹ因子)に直接作用する薬なので、ビタミンKには依存しません。

「リクシアナ」には承認時までの調査で、納豆や青汁、クロレラ食品といったビタミンK含有食品との相互作用の報告はありません。

▼その他の血液凝固阻止剤

同系のFXa阻害剤としては、他にも「イグザレルト」「エリキュース」などが出ています。同種の血液凝固阻止剤としては「プラザキサ」などが出ています。なお、「プラザキサ」「エリキュース」は1日2回の服用で、「イグザレルト」「リクシアナ」が1日1回の服用です。



▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、写実的なイラストで、様々な人々の明るい暮らしが描かれています。イラストにしたことで、せっかく国内初の薬なのに、ちょっと古い雰囲気になった気がします。絵柄で、もっと“新しい”イメージが出ると良かったのにな、と感じました。

スポンサードリンク


製品名:リクシアナ錠15mg,30mg,60mg
一般名:エドキサバン トシル酸塩
血液凝固阻止剤/Fxa阻害薬/経口FXa阻害剤
第一三共

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. サムスカ/Slow ADPKD. Preserve Hope.

  2. クレストール/ストロングスタチン

  3. タリオン/オーソライズド・ジェネリック発売へ

  4. メトグルコ/錠500mg新発売

スポンサードリンク

コラム

  1. 潜在能力を感じるサービス“医薬情報おまとめ便”

    2017年4月に開催された「ヘルスケアIT」で“医薬情報おまとめ便”というサービスを知りました。

注目の医薬広告

  1. 歴史が 変わる 瞬間がある▼ハーボニーとは?「ハーボニー」は、C型肝炎のウイルス増加をおさえ...
  2. 服薬アドヒアランスの向上と、長期にわたる安定した血糖コントロールを目指して国内初のDPP-4阻害...