イルベサルタン/アバプロのAG

AG Authorized Generic
発売準備中

▼イルベサルタンとは?

『イルベサルタン錠「DSPB」』は、先発品「アバプロ」のオーソライズド・ジェネリック(AG)で、日本で高血圧治療に頻繁に使われているアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)です(国内6番目のARB)。血圧が上がる原因のひとつ“アンジオテンシンⅡ”という物質を抑制する効果があります。アンジオテンシンⅡを抑制することで身体の血管が拡張し、更に水分や電解質のバランスが調整されることで、血圧が下がっていきます。

「イルベサルタン」には長時間型という特徴があり、降圧効果は24時間持続します。心臓や腎臓といった臓器への負担を軽くする効果が国内外の大規模臨床試験結果で認められており、脳卒中や心臓病、腎臓病といった深刻な病気のリスク軽減に繋がると考えられています。

なお「アバプロ」と「イルベタン」は製品名は違いますが、有効成分はどちらも“イルベサルタン”でまったく同じ薬です。降圧剤の「アムロジン」=「ノルバスク」や糖尿病治療薬の「デベルザ」=「アプルウェイ」と同様の1物2名称製品です。

▼メタボサルタンとは?

「イルベサルタン」には血圧を下げるだけではなく、脂肪細胞のPPAR-γという受容体を活性化させて動脈硬化を抑制したり、脂質の代謝を改善する効果が認めれています。メタボリックシンドロームの予防に繋がると期待されることから、“メタボサルタン”という通称で呼ばれるようになりました。

▼メタボリックシンドロームとは?

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)という言葉は、1998年にWHO(世界保健機関)が発表した内臓脂肪型肥満、高血糖・高血圧、脂質異常症などに関する診断基準のことで、“メタボ”という言葉で一般的にも浸透しました。メタボという言葉が流行る前は、“死の四重奏”などと呼ばれていました。ひとつの疾患として捉えるのではなく、症状をドミノ倒しのように全身の病気として統合的に捉えた考え方です(日本と海外ではそれぞれ診断基準が異なります)。

▼イルベサルタンの合剤

「イルベサルタン」+アムロジピンとの合剤として「アイミクス」、「イルベサルタン」+トリクロルメチアジドとの合剤として「イルトラ」が発売されています。


▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、光のハート。掌で包み込むように心臓のカタチをした光を守っています。特徴である“心臓(や腎臓)への負担を軽くする効果”を表現しています。先発品の「アバプロ」を踏襲したデザインになっており、“公認ジェネリック”としての信頼感をアピールしています。アイキャッチとして、メタリックの【AG】のプレートが非常に効果的です。

▼先発品と原薬、添加物、製造工程まで同じ

このAG品は、先発品の「アバプロ」と原薬、添加物、製造工程まですべて同じとのことです。病院や診療所へは大日本住友が情報提供を行い、調剤薬局へは新会社の“DSファーマプロモ”が情報提供を行うようです。屋号の「DSPB」とは、DSファーマバイオメディカルの略号です。

2016年の「アバプロ」の売上は103億円。2017年度の売上予測は80億円で、特許切れの影響を折り込んでいます(アバプロ・ファミリーとしては274億円。2017年度予測:255億円)。ちなみに、同じARB薬の上位の売上は「オルメテック」が694億円。「ミカルディス」が576億円でした(2016年度)。

※「イルベタン」と「アバプロ」は、製品名は違いますが同じ薬(イルベサルタン)です。販売元が、イルベタン=塩野義製薬、アバプロ=大日本住友製薬

スポンサードリンク


一般名:イルベサルタン
製品名:イルベサルタン錠50mg「DSPB」,
100mg「DSPB」,200mg「DSPB」
降圧剤/A-Ⅱ拮抗剤(ARB)/長時間作用型ARB
大日本住友製薬
DSファーマバイオメディカル
サノフィ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. セイブル/OD錠新発売

  2. プラビックス/脳・心・末梢の3領域で適応症を持つ唯一の抗血小板薬

  3. カナリア/国内初DPP-4+SGLT2配合錠

  4. ナルサス・ナルラピド/疼痛管理の標準薬

スポンサードリンク

コラム

  1. オブリーン/幻の肥満症治療薬

    ▼オブリーンとは「オブリーン(セチリスタット)」は、リパーゼ阻害剤と呼ばれる肥満症治療剤です(未...

注目の医薬広告

  1. 強さ、速さには、理由がある。「タケキャブ」は、胃潰瘍や逆流性食道炎の薬です。
  2. いざ、アレルギーに負けない日本へ!▼タリオンとは?「タリオン」は、アレルギーの症状をおさえる...