クラリチン/眠くなりにくいアレルギー薬

これからも一人一人のアレルギー治療のパートナーとして

▼クラリチンとは?

「クラリチン」は、第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)です。第2世代の特徴は、第1世代に多く見られる余計な作用が減少しているところです。このため、口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんど認められません。

▼アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)の比較

アレルギー性疾患に対する治療薬には作用機序の異なる多くの製剤が出ていますが、抗ヒスタミン薬の選択でポイントとなるのは、【作用時間】(1日1回投与か1日2回か)と【インペアード・パフォーマンス】(非鎮静性かどうか)という点です。近年は、眠気などの中枢神経抑制作用を軽減した【非鎮静性】で長時間作用型である第2世代抗ヒスタミンH1受容体拮抗薬の使用頻度が高くなっています。

非鎮静性 脳内受容体占拠率:10%以下
軽度鎮静性 脳内受容体占拠率:10〜50%
鎮静性 脳内受容体占拠率:50%以上

※インペアード・パフォーマンス:抗ヒスタミン薬の副作用で、集中力や判断力、作業能率が低下すること。10%以下であれば【非鎮静性】に属し、インペアード・パフォーマンスは起こりにくい。

抗ヒスタミン薬の比較

アレロック 眠気高い、効果強い、比較的速く効く、1日2回、軽度鎮静性
ジルテック 眠気やや高い、効果やや強い、1日1回、アルコール注意、軽度鎮静性
タリオン 眠気やや低い、効果やや弱い、1日2回、非鎮静性
デザレックス 眠気低い、効果弱い、1日1回食事に関係なく服用可、非鎮静性
クラリチン 眠気低い(パイロットも服用可)、効果弱い、1日1回、薬価安い、非鎮静性
アレグラ 眠気低い(運転OK)、効果弱い、1日2回、非鎮静性





アレルギー・花粉症カテゴリ10%OFFセール

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、行進する人々。老若男女様々な人々が登場します。以前とはリニューアルして、写真の人々が差し替わっていますが、あまり変化が感じられません・・・。従来の抗ヒスタミン薬に多くみられる眠気の副作用が軽減されていることが特徴なので、登場人物の中に「パイロット」が登場しています。「クラリチン」は発売当時、パイロットが服用出来る唯一の抗アレルギー薬でした。


一般名:ロラタジン
製品名:クラリチン錠10mg、レディタブ錠10mg、ドライシロップ1%
抗アレルギー薬/抗ヒスタミン薬/持続性選択H1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療剤
バイエル

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. アコファイド/胃もたれや膨満感を改善

  2. ナトリックス/匙加減の併せ技

  3. ニューモバックス/23価肺炎球菌ワクチン、23周年

  4. ロゼレム/眠りへのリズムを整える

スポンサードリンク

コラム

  1. リッツとイソジン、それぞれの争い

    リッツ、ブランド対決の勝敗2016年、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

人気の記事

  1. ▼フェキソフェナジンとは?「フェキソフェナジン」は、アレルギー性鼻炎による“くしゃみ”“鼻水”の...
  2. AG Authorized Generic発売準備中▼イルベサルタンとは?『イルベサ...
スポンサードリンク