はじめに

医薬品には「薬」としての価値も重要ですが、「情報」としての価値も大きく寄与しています。医療従事者は、複雑な「情報」を相手へ分かりやすく伝えなくてはいけません。

医薬品は売りっぱなしではなく、上市した後も改善を重ねています。誤った服用だと副作用が出る恐れもありますので、指導された通りに正しく使う必要があります。

このblogは、広告を通して医薬品のことを考えながら、薬の特徴や服薬指導の際に参考となる考え方を勉強していくことを目的としています。私の個人的な資料としての意味でも、更新を続けていきたいと考えています。

出来る限り正確な情報をお伝えできるように心がけていますが、内容の正確性につきましては一切保証するものではありません。必ず添付文書や該当文献をご参照ください。提供している記事の内容からいかなる損失や損害などの被害が発生したとしても、当サイトでは責任を負いかねます。

【ご注意】
処方箋医薬品は、患者の独断で使用したり、服用をやめたり、用法・用量を変更したりすると危険なケースがあります。 服用している薬に疑問を持たれた場合には、治療を担当している医師や調剤された薬剤師に必ずご相談ください。

スポンサードリンク

カテゴリー

スポンサードリンク

ピックアップ

  1. ステラーラ/UNEVENTFUL

  2. ヴィーブヘルスケア/HIV/AIDS領域に特化

年月別アーカイブ

コラム

  1. 潜在能力を感じるサービス“医薬情報おまとめ便”

    2017年4月に開催された「ヘルスケアIT」で“医薬情報おまとめ便”というサービスを知りました。

注目の医薬広告

  1. 心房細動の早期発見・早期治療を!ドイツのベーリンガーインゲルハイムと日本脳卒中協会がコラボレーシ...
  2. 「ネキシウムという選択」▼ネキシウムとは?「ネキシウム」は逆流性食道炎の治療として、代表的...
モイスティシモ