ガスモチン/機能性ディスペプシアの治療に

S4 AGONIST
ガスモチンはSerotonin4刺激薬です。

▼ガスモチンとは?

「ガスモチン」は、胃の働きをよくする“セロトニン作動薬(Serotonin4刺激薬)”という種類の胃腸の薬です。吐き気や食欲不振、胸やけなどに用います。

「ガスモチン」は、胃腸薬として広く一般的に処方されている薬です。薬効分類的としては、「消化管運動促進薬」または「消化管運動賦活薬」あるいは「胃腸機能調整薬」「胃腸機能改善薬」などと呼ばれています。

胃腸にだけ作用するので、従来の胃腸機能改善薬にみられるホルモン異常や不整脈の副作用がほとんどなく、また飲み合わせの心配も少ない薬です。

▼ガスモチンの作用機序

「ガスモチン」は、胃や十二指腸に存在するセロトニン5-HT4受容体を刺激して、アセチルコリンという物質を遊離させます。そのアセチルコリンの作用によって、胃腸の活動が活発になるという仕組みです。

弱った胃腸の働きを活発にして、食べ物を胃から腸へ送り出すのを助けます。そうすることで、吐き気、嘔吐、食欲不振、膨満感、胸焼けなどの症状を改善します。慢性胃炎をはじめ、機能性ディスペプシア(FD)の治療に広く用いられています。

▼機能性ディスペプシアとは?

機能性ディスペプシア(FD :functional- dyspepsia)とは、胃痛や胃の不快感が慢性的に続いているにもかかわらず、内視鏡検査でも異常が見当たらない病気です。命にかかわる深刻な病気ではないのですが、不快な状態が続き、患者の生活の質を大きく低下させてしまう疾患です。

▼ガスモチンの副作用

副作用は少ないですが、腹痛や下痢が報告されています。深刻な副作用としては、肝機能障害が挙げられます。極度な倦怠感、食欲不振、発熱、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色といった自覚症状がある場合は、すぐに医師に相談してください。

主な副作用 腹痛、軟便、下痢、口渇、動悸/td>
重い副作用 肝機能障害
(倦怠感、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色、尿が茶褐色)

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、郵便配達をするガスモチン君です。町の人々へ“Happiness”や“Smile”や“Love”を届けています。やなせたかし氏風のキャラクターに好感が持てるビジュアルです。ガスモチンの頭文字「G」と胃のカタチを上手くシンボルマークに仕上げています。

▼その他の胃腸薬




一般名:モサプリド クエン酸塩
製品名:ガスモチン錠2.5mg,5mg、散1%
消化器官用薬/選択的セロトニン5-HT4作動薬/消化管運動機能改善剤
大日本住友製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. フルティフォーム/ベストアンサーを考える。

  2. ヴィーブヘルスケア/HIV/AIDS領域に特化

  3. エレルサ・グラジナ/4番目のIFNフリーC型肝炎治療薬

  4. ネシーナ/国内3番目のDPP-4阻害剤

スポンサードリンク

コラム

  1. リッツとイソジン、それぞれの争い

    リッツ、ブランド対決の勝敗2016年、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

注目の医薬広告

  1. 2013年5月1日より投与期間制限が解除されます▼アジルバとは?「アジルバ」は、アン...
  2. 眠りへのリズムを整える。生活習慣改善+ロゼレム。
スポンサードリンク