シーブリ/COPD患者さんの朝は息苦しい

COPD患者さんの朝は、息苦しい。COPD患者さんの症状に速やかな効果発現

▼シーブリとは?

「シーブリ」は、気管支を広げる吸入剤です。長時間作用するのが特徴です。COPDと呼ばれる慢性閉塞性肺疾患の治療に使う薬です。慢性閉塞性肺疾患:COPDとは呼吸障害の総称で、気管支や肺胞に異変が生じ、気道の流れが悪くなる病気です。症状としては、咳や痰が多くなり、息切れしやすいなど、動いた時の呼吸困難が特徴です。

「シーブリ」は、吸入してすぐに効果はあらわれませんが、長時間にわたり気管支を拡げることによって呼吸をスムーズに改善します。
主に次の患者に処方されます。慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の気道閉塞性障害。長期管理薬としての有用性は同種薬のチオトロピウム(スピリーバ)とほぼ同じです。

▼シーブリの特徴

「シーブリ」の一番の長所は吸入器かもしれません。薬を飲んで胃へ流してしまっては効果がないので、肺へ送る必要があります。そこで、肺への到達率が高い“ドライパウダー吸入式”で、カプセルに充填された薬剤を専用器具を使って吸入します。この専用吸入器(ブリーズヘラー)に工夫があって、患者の感覚(視覚、聴覚、触覚)で吸入を確認できるように配慮してあります。2012年【グッドデザイン賞】を受賞しています。

▼慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは?

慢性閉塞性肺疾患:COPDとは呼吸障害の総称で、気管支や肺胞に異変が生じ、気道の流れが悪くなる病気です。症状としては、咳や痰が多くなり、息切れしやすいなど、動いた時の呼吸困難が特徴です。具体的には、肺気腫と慢性気管支炎を指します。当初は喘息もCOPDに含まれていましたが、疾患の性質上区別されました。

▼COPD治療薬市場の動向

COPDの適応がある吸入型の気管支拡張剤は、「スピリーバ」「オンブレス」「ウルティブロ」「シーブリ」などがありますが、処方数では外用剤の気管支拡張薬「ホクナリンテープ」(ツロブテロール)がトップです(2014年度)。1日1回貼るだけで済む手軽さと、小児の気管支炎にも使えるというメリットで処方が増えています。

吸入型だけで見ると、ベーリンガーインゲルハイムの抗コリン薬「スピリーバ」処方金額が約184億円と圧倒的です。ノバルティスファーマの「オンブレス」が約23億円、「ウルティブロ」が約19億円、「シーブリ」が約10億円となっており、ノバルティスの主要3品目の金額を合わせても「スピリーバ」にかないません(2014年度)。





▼広告のビジュアルについて

ビジュアルは、COPD患者の朝にスポットを当てた広告です。起床時、出勤支度、駅の階段など、朝に起こる様々なシチュエーションを描くことで、日常的に気管を拡げることの大切さを訴求しています。

スポンサードリンク

一般名:グリコピロニウム臭化物
製品名:シーブリ吸入用カプセル50μg
気管支拡張剤/抗コリン薬/長時間作用性吸入気管支拡張剤
ノバルティス

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. クラビット/進化するニューキノロン系薬

  2. コンプラビン/ComPlavin

  3. トルリシティ・アテオス/週1回、簡単操作の糖尿病注射薬

  4. テネリア/国産のDPP-4阻害剤

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

注目の医薬広告

  1. 2013年5月1日より投与期間制限が解除されます▼アジルバとは?「アジルバ」は、アン...
  2. ...
スポンサードリンク