パリエット/発売15周年

<

パリエット発売15周年。
エーザイはこれからも日本の消化器疾患診療に貢献してまいります。

▼パリエットとは?

「パリエット」は、逆流性食道炎などの消化器疾患治療薬として1997年に発売されたプロトンポンプ阻害薬(PPI)です。昔は胃潰瘍で手術するということもよくあったのですが、PPI製剤という強力な胃酸抑制薬が登場してから、胃の摘出手術は激減しています。

普段胃酸は、侵入してくる“菌”から胃腸を防御する重要な役割を果たしています。しかし、胃壁が弱っている時に胃酸が逆流すると、食道を傷つけたり、胸焼けを起こしたりします。「パリエット」には強力な酸分泌抑制の効果があり、胃酸の分泌を強くに抑え、胃酸によって起こる悪影響を軽減します。結果的に、逆流性食道炎や胃潰瘍の状態が良くなり、胃痛や胸焼けも軽減されます。アスピリンや鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬)が原因で胃が荒れてしまった場合の痛みにも有効です。

PPIの他に胃酸の分泌を抑える薬には、H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)、M1ブロッカー(選択的ムスカリン受容体拮抗薬)があります。どちらも逆流性食道炎に効果がありますが、効果としては、PPI>H2ブロッカー>M1ブロッカーの順で強力です。治療の初期はPPI、長期の維持療法にはH2ブロッカーを使うのが一般的です。個人差もありますが、PPI製剤の中では「パリエット」が一番胃酸分泌抑制効果が強い薬と言われています。また、他の薬との相互作用(飲み合わせ)がないという特徴があり、広く使用されています。

▼他のPPI(プロトンポンプインヒビター)との違い

オメプラール 一番薬価が安いPPI
タケプロン OD錠あり。副作用が少ない
パリエット 効果が一番強い。薬価も高い(20mg)
ネキシウム 効果が速く強い
タケキャブ タケプロンの改良版。速効性で持続型

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、手塚治虫先生の“鉄腕アトム”ですが、今回は発売15周年ということでバースデイケーキがメインとなっています。

「ドクターズボイス」として、寄せられたメッセージを掲載しているというのが面白い試みです。医療従事者という人たちは、一般の人よりも誇大広告という物に注意していますので、ビジュアルのインパクトだけでは、なかなか広告を信頼してくれません。

ここではビジュアルのインパクトとは別に、数字の説得力をプラスすることで、より効果的な仕上がりになっています。具体的で細かい数字を出すことで、より説得力が増しているのです。

一般名:ラベプラゾール ナトリウム
製品名:パリエット錠5mg,10mg,20mg
消化性潰瘍用剤/プロトンポンプ阻害剤/胃腸薬
エーザイ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ビビアント/閉経後骨粗鬆症の新たな選択肢

  2. パルモディア/承認から10ヵ月、ついに発売

  3. セイブル/ビグアナイド系薬剤との併用も可能に

  4. アレグラ/発売10周年

スポンサードリンク

コラム

  1. ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

    HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。

人気の記事

  1. HAPPY▼アムロジンとは?「アムロジン」は、カルシウム拮抗薬(Ca拮抗薬)と呼ばれる降...
  2. 失われる思い、消えゆく記憶の絆。
スポンサードリンク