カルブロック/安心の高血圧治療薬

日本で生まれたカルブロックは2013年5月、発売10周年を迎えました

▼カルブロックとは?

「カルブロック」は、カルシウム拮抗薬(CCB)という種類の降圧薬です。効き目がよく、安全性が高いので、高血圧治療の第一選択薬(ファーストチョイス)のひとつに選ばれています。近年は、1日1回もしくは2回の服用で済む持効型の製剤が使われています(持続性Ca拮抗剤)。血糖、尿酸、脂質などに影響しないので、合併症の多い高齢者に適しています。若い人から高齢者まで幅広く用いられている薬です。長期臨床試験で、予後改善効果(寿命の延長)も認められています。

▼カルブロックの作用機序

カルシウム拮抗薬は、細胞膜上のカルシウム(Ca)チャネルに結合して、細胞の外へカルシウムが流入するのを遮断します。Ca拮抗薬という呼び名よりも、Caチャネル遮断薬という方が分かりやすいですね。多くはL型チャネルに作用しますが、開発・研究を経てL/N型(アテレック)やL/T型(カルブロック)、L/T/N型などが登場しました。

「カルブロック」「アダラート」「コニール」「ノルバスク」など、多くのカルシウム拮抗薬はジヒドロピリジン(DHP)系に属します。「カルブロック」は他のDHP系のCa拮抗薬と異なり、心拍数の増加を抑制することが付加効果のひとつです。また、尿蛋白減少作用があることも報告されています。同じDHP系のCa拮抗薬でも、遮断するCaチャネルのタイプが異なるので、効果が出るまでの時間にも差があり、降圧効果以外の付加効果も異なります。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、ハート型のケーキ。10周年ということで記念日のイメージです。「カルブロック」のおなじみのシンボルマークが刻まれています。10周年といえば、それだけ安全性も確立されてきたということなので、ビジュアルからもそういう安心感が伝わってきます。“記念日”というシンプルなアイディアですが、カードの配置や状況設定などがさりげなくて巧いです。

スポンサードリンク


一般名:アゼルニジピン
製品名:カルブロック錠8mg,16mg
降圧剤/持続性Ca拮抗剤
第一三共

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. エパデール/Change

  2. ジャディアンス/持続する優れた効果

  3. ジャパンワクチン/ワクチン専業の新会社

  4. イナビル

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

注目の医薬広告

  1. 急性疼痛に新たな選択肢急性疼痛の効能・効果追加※手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛▼...
  2. 歴史が 変わる 瞬間がある▼ハーボニーとは?「ハーボニー」は、C型肝炎のウイルス増加をおさえ...
モイスティシモ