ジレニア/START for tomorrow!

キャッチコピー
「START for tomorrow!」
早めの開始で、アクティブな毎日。多発性硬化症治療の強力なパートナー、ジレニア。

「ジレニア」は、多発性硬化症を予防する国内初の飲み薬です。多発性硬化症という病気は、脳や脊髄の神経細胞が破壊され、神経の伝達が上手くいかなくなる病気です。自己免疫疾患のひとつと考えられていますが、まだ詳しい原因が良く解っていません。

具体的な症状として、手や足のしびれや硬直、排尿や排便障害、視力の低下、歩行困難などを生じます。そして多くの場合、再発と寛解を繰り返す再発性・多発性の病気です。

「ジレニア」は、米国では成人の再発性多発性硬化症(RMS)の第一選択薬として承認されています。日本国内では、臨床試験と市販後調査を合わせて、約15万5000人の患者に用いられている薬です。

2016年、ノバルティスは海外で実施されたACROSS試験において「ジレニア」を8〜10年継続投与した患者の約60%が身体障害の進行が減少したと発表しました。長期の治療持続性の有益性を示すひとつの結果と言えます。

広告のビジュアルは、土手でサッカーを愉しむ若い父子。手前でOKサインを出しているのは母親でしょうか。OKの輪がジレニアのカプセルで繋がれています。早めの予防で、息子にサッカーを教えたり、寛解後のアクティブな暮らしを表現しています。
何気ない日常風景ですが、背景の橋や川がキレイで、気持ちよくまとまっています。“OKサイン”の手のアップがアイキャッチとして、視線を集めることに成功していると思います。インパクトはありませんが、伝えたいことをしっかりと伝達しながら印象も残す、優等生的な広告です。

スポンサードリンク


一般名:フィンゴリモド塩酸塩
製品名:ジレニアカプセル0.5mg
多発性硬化症治療剤
ノバルティスファーマ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. アクトス/インスリン抵抗性改善薬

  2. スーグラ/投薬期間制限解除

  3. ジャヌビア/92%の高いDPP-4阻害率

  4. ホクナリン/処方数No.1の気管支拡張薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 不適切な広告事例

    先日、厚労省が「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書」を公表しました。

注目の医薬広告

  1. いざ、アレルギーに負けない日本へ!▼タリオンとは?「タリオン」は、アレルギーの症状をおさえる...
  2. 服薬アドヒアランスの向上と、長期にわたる安定した血糖コントロールを目指して国内初のDPP-4阻害...
モイスティシモ