ゾレア/小児適応追加

▼ゾレアとは?

「ゾレア」は、既存の治療薬でも治すことのできない患者に対して使用される気管支喘息の薬です。2009年に発売されました。抗IgEモノクローナル抗体と呼ばれる種類に分類されます。「ゾレア」は、喘息の原因となるIgEという抗体に先にくっつくことで、その働きを阻害してしまうという薬です。モノクローナル抗体を用いた治療薬は大変高価なため、通常はガンやリウマチなどの難病に用いられることが一般的です。そのような中、世界初の抗IgEモノクローナル抗体として開発された薬が「ゾレア」です。

▼かぎられた患者にしか投与できない

高価な薬ということで適応条件が細かく設定されていて、症状が重い患者でもIgEと体重の値によっては投与できません。どこかで区切らないと国の医療費が嵩み過ぎてしまう、ということだと思います。「ゾレア」の投与は、体重と血液中のIgE量によって計算されます。IgEが極端に少ない人や多い人には投与できません。ブロックするIgEが少ないと効果がないですし、多くても阻害しきれないためです。投与の量はIgE量と体重の換算表で算出しますが、体重が増えれば増えるほど投与できない可能性が高まります。
また、「ゾレア」は喘息の他にも花粉症やアトピー性皮膚炎などに効果が認められていますが、同じような理由で、深刻な病気の気管支喘息に対してのみ適応が認められているのが現状です。

※2013年、小児に対する難治性の気管支喘息の適応が追加となりました。

▼ゾレアの薬価

薬代は一番安くても月に1回7万円、一番高いと2週毎に3瓶使うので、一ヶ月の薬代は42万円(3割負担で約13万)です。高額医療制度を利用することである程度返ってきますが、それでもかなり高額です。住んでいる場所によっては、喘息患者の治療費に対する補助を行っている市町村もあります。

▼再投与で有効性

「ゾレア」のはじめの投与が効果を示した“慢性特発性蕁麻疹患者”に対して、休薬後に「ゾレア」を再投与する試験を行われました。その結果、約90%の割合で症状が良好な状態に安定することが確認されました(OPTIMA試験)。なにかの事情で治療を一旦中断したとしても、「ゾレア」の服用をあらためて再開することで、3ヵ月以内に症状がコントロールされるということです(2017年10月追記)。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、夜の蛍と微笑む少女です。女の子(可愛い)は“小児適応追加”ということを表しています。ホタルの姿ですが、【Y】のようなカタチをしていますね。これは、“ゾレアが遊離IgE抗体のCε3に結合し、IgE抗体とFcεRⅠの結合を阻害する作用機序”を表現しています。窓枠に使われている黄色と紫の曲線は、スムースな呼吸の流れを感じさせる効果を狙っています。

▼その他の気管支拡張剤

吸入型の気管支拡張剤としては、「スピリーバ」「オンブレス」「ウルティブロ」「シーブリ」などがありますが、処方数では外用剤の気管支拡張薬「ホクナリンテープ」(ツロブテロール)がトップです(2014年度)。1日1回貼るだけで済む手軽さと、小児の気管支炎にも使えるというメリットで処方が増えています。





スポンサードリンク


一般名:オマリズマブ(遺伝子組換え)
製品名:ゾレア皮下注用75mg/150mg
気管支喘息治療剤(ヒト化抗ヒトIgEモノクローナル抗体製剤)/慢性蕁麻疹治療剤(ヒト化抗ヒトIgEモノクローナル抗体製剤)
ノバルティスファーマ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. テルモ/北里柴三郎と福沢諭吉

  2. オルメテック/Hypertensionに掲載

  3. サノフィ

  4. サムスカ/7.5mg新発売

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

注目の医薬広告

  1. 日本人のエビデンス▼オルメテックとは?「オルメテック」は、ARBと呼ばれる降圧剤です(国内4...
  2. キャッチコピー 「日本人のエビデンス」高血圧症は世界で最も患者数が多い疾患であり、国内では約...