オルメテック/Hypertensionに掲載

主解析の結果がHypertensionに掲載されました

▼オルメテックとは?

「オルメテック」は、ARBと呼ばれる降圧剤です(国内4番目のARB)。血圧を上げる「アンジオテンシII(ARB)」の抑制作用があります。血管が拡がり、心臓や腎臓の負担を軽くする効果も期待できます。おもに高血圧の治療に使用されています。心不全や腎臓の病気にも有効と考えられています。いわゆるブロックバスターと呼ばれる薬で、たくさん売れている大型製品です。

ARBが登場するまで頻繁に使われていた“ACE阻害剤”に多い「咳」の副作用が改善されています。そのほかの副作用も比較的少なく、長期的な維持療法に適しています。効果に持続性があるので、基本的に1日1回の服用で済む薬です。また、少量の利尿薬との併用で降圧効果が高まると言われています。ARBは降圧剤の中でも、圧倒的に売れている薬です。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、CGで作られた星。いつもの青い星とは違って、今回は特別に“黄金の星”です。
星は「カシオペア」をイメージしていると推察します。オルメサルタンの特徴が“ダブルチェーンドメイン”なので、「W」の形をしている星座のカシオペアを使ったのだと思います(以前の広告を見ると、もっと分かりやすいと思います)。

オルメサルタンは化学構造上、側鎖にカルボキシル基とヒドロキシル基を有しています。この2つのチェーンが強力に受容体に結合して、降圧効果をもたらすと考えられています。

▼オルメテック・ファミリーとARB市場

オルメテックファミリーとは、オルメテックの単剤と配合剤(レザルタス)を含めた総称です。ARBの中では、ミカルディスファミリーに次いで国内で二番目の売上高をあげています(単剤としてはオルメテックが首位)。オルメテックファミリーの売上高は、2015年度が921億円、2016年度が869億円、2017年度の予測が630億円と年々落ちていますが、これはARB市場全体に言えることです。ARB市場が完全に冷え切る前に、各社とも次の“ブロックバスター”の発掘に必死となっています。主戦場は高血圧領域から糖尿病領域、特にDPP-4阻害薬へ移りつつあるようです。

▼主なARB系降圧薬

ニューロタン(一般名:ロサルタン):世界初のARB。尿酸低下作用あり
ディオバン(一般名:バルサルタン):ARBの中で薬価が一番安い
・オルメテック(一般名:オルメサルタン):心臓腎臓など臓器保護作用あり。ARBのエース的存在
ミカルディス(一般名:テルミサルタン):血中半減期がARB最長。24時間持続的に効く
アジルバ(一般名:アジルサルタン):2013年承認最新ARB。降圧効果最強




スポンサードリンク


一般名:オルメサルタン メドキソミル
製品名:オルメテック錠5mg,10mg,20mg,40mg、OD錠10mg,20mg,40mg
降圧剤/A-II拮抗剤(ARB)/高親和性 AT1レセプターブロッカー
第一三共

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. レザルタス/ARB+CCB配合の降圧剤

  2. オルメテック/心血管系イベント抑制の検討

  3. タケキャブ/強さ、速さには、理由がある

  4. ナトリックス/匙加減の併せ技

スポンサードリンク

コラム

  1. ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

    HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。

注目の医薬広告

  1. 信頼に応え続けます。
  2. SGLT2 GUARD▼テベルザとは?「デベルザ」は、血糖を下げる糖尿病の薬でSGLT2阻害...
スポンサードリンク