アテディオ/シルニジピン+バルサルタン

+Nの進化。

▼アテディオとは?

「アテディオ」は、2つの有効成分を合わせた高血圧症の合剤です。1つは、ARBことアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬のバルサルタン(ディオバン)。「アンジオテンシンⅡ」という物質をおさえることにより、血管を広げ血圧を下げます。2つめは、持続性カルシウム拮抗薬のシルニジピン(アテレック)です。ふたつとも広く使われている薬です。血管の筋肉をゆるめて血管を広げる作用があります。また、心臓の収縮をおさえ心臓を休ませます。安全性が高く、副作用も少ないので、高齢者へも使いやすい薬剤です。


▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、「+N」と「AT1」のブロック(ビル?)が威風堂々とそびえ立っています。もともと「アテレック」の広告が「N」の形をしたビルでした(Nチャネルにも作用するのが特徴なので)。そこから継続発展して、今のような形の絵柄になっています。こうやって、イメージを大事に長く使ってもらえると、こちらも薬を憶えやすいですね。



一般名:バルサルタン/シルニジピン
製品名:アテディオ配合錠
降圧剤/ARB・Ca拮抗薬配合剤/選択的AT1受容体ブロッカー/持続性Ca拮抗薬合剤
持田製薬
EAファーマ

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. アイミクス/王冠

  2. 2型糖尿病治療のアンメットメディカルニーズ

  3. プロレナール/腰部脊柱管狭窄からの解放

  4. シュアポスト/速効性インスリン分泌促進薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 新人のための医薬広告キービジュアル入門

    ▼制限の中で知恵を絞って表現されるキービジュアル医療用医薬品(プロドラッグ)は、患者が自分で自分...

注目の医薬広告

  1. 高血圧治療に愛を▼医薬品の広告計画承認前なので製品名が出ていませんが、降圧薬の「アイミク...
  2. ▼フェキソフェナジンとは?「フェキソフェナジン」は、アレルギー性鼻炎による“くしゃみ”“鼻水”の...
スポンサードリンク