エリキュース/私が私に選ぶなら有効性と安全性の両立

私が私に選ぶなら
有効性と安全性の両立

▼エリキュースとは?

「エリキュース」は、「リクシアナ」、「イグザレルト」に次ぐ国内3番目のFXa阻害剤です。

「エリキュース」は血液凝固阻止薬として、血液が固まるのを抑え、血管内で血が固まって起こる病気(脳卒中、血栓塞栓症)を予防します。主に、非弁膜症性心房細動患者の【虚血性脳卒中】や【全身性塞栓症】【静脈血栓塞栓症】の治療および、再発防止として使用されています。

血液凝固阻止薬は、使用すると出血しやすくなることが課題となっており、重篤な出血の場合には死亡に至るケースもあります。出血しやすいかどうかは血液検査などでも正確にはわからないため、注意が必要です。

▼エリキュースの副作用

主な副作用は、出血です。重篤な出血の場合には死亡に至るケースもあります。内訳は、頭蓋内出血(頻度不明)、消化管出血(0.6%)、眼内出血(0.3%)となっています。その他の重大な副作用としては、間質性肺疾患、肝機能障害が報告されています。

「エリキュース」などの経口抗凝固薬の服用を早期中止すると、治療完遂後の血栓発生率や治療中の出血率よりも高い頻度で血栓を生じます。しかし、これは抗凝固薬を用いない状態に戻っただけで、投与中止による反跳作用ではないとされています。このリスクを軽減させるためには、他の抗凝固薬を使用するしかありません。

▼その他の血液凝固阻止剤

FXa阻害剤としては、他にも「イグザレルト」「リクシアナ」などが出ています。同じ血液凝固阻止剤の「プラザキサ」とは作用機序が異なります。なお、「プラザキサ」「エリキュース」は1日2回の服用で、「イグザレルト」「リクシアナ」が1日1回の服用です。



▼DOAC4剤、新薬創出加算で明暗(追記:2018年3月)

経口抗凝固薬(DOAC)市場で、しのぎを削っている「リクシアナ」「プラザキサ」「イグザレルト」「エリキュース」ですが、「イグザレルト」と「エリキュース」が、新薬創出・適応外薬解消等促進加算の対象から外れることになりました。つまり、DOAC市場の売上トップ2製品が加算の対象外になったということです。

今回の見直しによって、「リクシアナ」と「プラザキサ」は、ジェネリック参入や収載後15年経過で資格を失わない限り、改定の都度、加算を受け続けることになります。一方、「イグザレルト」と「エリキュース」は、希少疾病の効能追加や有用性など、新たに条件を満たさない限り、加算を受けることが出来なくなりました。

DOACの売上トップ2が加算の対象外に

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、医師と対面している中年男性患者(医師自身)。“私が私に選ぶなら”というキャッチコピーが秀逸で、非常に面白い写真に仕上がっています。「医者が自分で選ぶなら、有効性と安全性」ということを建前にして、「私(医者)が自分に処方するなら、エリキュースを選ぶ」という主張が伝わってきます。プロモーションコードに引っかかるかもしれない際どい広告ですが、やはり印象に残ります。


一般名:アピキサバン
製品名:エリキュース錠2.5mg,5mg
血液凝固阻止剤/Fxa阻害薬/経口FXa阻害剤
ファイザー
ブリストル・マイヤーズ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ナルサス・ナルラピド/疼痛管理の標準薬

  2. ジャディアンス/持続する優れた効果

  3. ナルサス・ナルラピド/注射剤ナルベイン発売

  4. ルプラック/カリウム排泄量が少ない利尿薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

注目の医薬広告

  1. 患者さんの声にこたえたくて、マルホはヒルドイドソフト軟膏0.3%50gチューブを発売しました...
  2. 新しい肝選択的な治療をいまも未来を▼ベムリディとは?「ベムリディ」は、B型肝炎のウイルス...
スポンサードリンク