エリキュース/私が私に選ぶなら有効性と安全性の両立

私が私に選ぶなら
有効性と安全性の両立

▼エリキュースとは?

「エリキュース」は、「リクシアナ」、「イグザレルト」に次ぐ国内3番目のFXa阻害剤です。

「エリキュース」は血液凝固阻止薬として、血液が固まるのを抑え、血管内で血が固まって起こる病気(脳卒中、血栓塞栓症)を予防します。主に、非弁膜症性心房細動患者の【虚血性脳卒中】や【全身性塞栓症】【静脈血栓塞栓症】の治療および、再発防止として使用されています。

血液凝固阻止薬は、使用すると出血しやすくなることが課題となっており、重篤な出血の場合には死亡に至るケースもあります。出血しやすいかどうかは血液検査などでも正確にはわからないため、注意が必要です。

▼その他の血液凝固阻止剤

FXa阻害剤としては、他にも「イグザレルト」「リクシアナ」などが出ています。同じ血液凝固阻止剤の「プラザキサ」とは作用機序が異なります。なお、「プラザキサ」「エリキュース」は1日2回の服用で、「イグザレルト」「リクシアナ」が1日1回の服用です。



▼エリキュースの副作用

主な副作用は、出血です。重篤な出血の場合には死亡に至るケースもあります。内訳は、頭蓋内出血(頻度不明)、消化管出血(0.6%)、眼内出血(0.3%)となっています。その他の重大な副作用としては、間質性肺疾患、肝機能障害が報告されています。

「エリキュース」などの経口抗凝固薬の服用を早期中止すると、治療完遂後の血栓発生率や治療中の出血率よりも高い頻度で血栓を生じます。しかし、これは抗凝固薬を用いない状態に戻っただけで、投与中止による反跳作用ではないとされています。このリスクを軽減させるためには、他の抗凝固薬を使用するしかありません。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、医師と対面している中年男性患者(医師自身)。“私が私に選ぶなら”というキャッチコピーが秀逸で、非常に面白い写真に仕上がっています。「医者が自分で選ぶなら、有効性と安全性」ということを建前にして、「私(医者)が自分に処方するなら、エリキュースを選ぶ」という主張が伝わってきます。プロモーションコードに引っかかるかもしれない際どい広告ですが、やはり印象に残ります。


一般名:アピキサバン
製品名:エリキュース錠2.5mg,5mg
血液凝固阻止剤/Fxa阻害薬/経口FXa阻害剤
ファイザー
ブリストル・マイヤーズ

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. カルブロック/安心の高血圧治療薬

  2. フィルグラスチム/G-CSFバイオシミラー

  3. ビムパット/単剤療法が適応追加

  4. ガスモチン/機能性ディスペプシアの治療に

スポンサードリンク

コラム

  1. 誰のためのAGなのか?

    ▼オーソライズドジェネリックとは?オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品...

注目の医薬広告

  1. ▼ビムパットとは?「ビムパット」は、てんかんの発作を予防する薬です。
  2. ▼アクテムラとは?「アクテムラ」は、最先端のバイオテクノロジー技術によって開発された国産の生物学...
スポンサードリンク