イメンド/日本初、NK1受容体拮抗型制吐剤

維持療法の新たな架け橋、開通。
日本初、選択的ニューロキニン1(NK1)受容体拮抗型制吐剤

▼イメンドとは?

「イメンド」は制吐剤で、抗がん剤投与の副作用で生じる消化器症状(悪心や嘔吐)を改善します。NK1(ニューロキニン1)拮抗型制吐剤と呼ばれる種類のカプセル剤で、抗がん剤による嘔吐中枢(脳内)への刺激を阻害し、吐き気や嘔吐を抑えます。

「イメンド」は、嘔吐の副作用が強く出る抗がん剤(シスプラチン注射液など)を使用する時に、予防的に処方される薬です。抗がん剤を投与した後、すぐに発生する【急性嘔吐】と、抗がん剤投与24時間以後に発生する【遅発性嘔吐】、どちらにも有効な薬剤です。

がんの化学療法によって引き起こされる悪心・嘔吐は、患者の負担も大きく、QOL低下が起こることから、治療を継続する上での重要な課題となっています。

▼イメンドの特徴

癌化学療法に伴う吐き気は、一般的に抗がん剤投与後24時間以内に発現する【急性嘔吐】、24時間以降に発現する【遅発性嘔吐】に分類されます。しかし、日本においては、遅発性悪心・嘔吐に対して有効な治療薬が少ないのが課題でした。

「イメンド」(選択的NK1受容体拮抗型)の特徴は、世界初の選択的NK1受容体拮抗型制吐薬という点です。NK1受容体は、神経伝達物質サブスタンスPの受容体であり、サブスタンスPは、嘔吐や痛み、不安、喘息、膀胱炎、片頭痛などの発現に深く関わっていると考えられています。

NK1受容体拮抗薬である「イメンド」は、サブスタンスPとNK1受容体との結合を選択的に阻害することによって、悪心・嘔吐を抑制します。

従来の【急性嘔吐】に広く用いられている5-HT3受容体拮抗薬とは作用の仕組みが異なり、急性期だけでなく、24時間以降に起こる【遅発性嘔吐】にも有効です。

制吐剤は、作用機序が異なる制吐薬を併用したり、使い分けたりすることで、優れた制吐効果を発揮します。「イメンド」を他の制吐薬と併用することで、相乗効果も期待できます。【急性嘔吐】には5-HT3受容体拮抗薬と、【急性嘔吐】【遅発性嘔吐】には「デカドロン」などのステロイド薬と併用するのが一般的です。そういった意味から、「イメンド」は“支持療法の新たな架け橋”として期待されています。

▼5-HT3受容体拮抗型制吐剤

▼イメンドの注意点、副作用

「イメンド」は、肝薬物代謝酵素CYP3A4により代謝される薬剤ですので、CYP3A4によって代謝をうける薬剤(「タキソテール」など)の抗悪性腫瘍薬との相互作用に、十分な注意が必要です。

「イメンド」は、副作用が少ない薬です。主な副作用は、便秘、下痢、頭痛、食欲不振などです。重い副作用はほとんどありません。

主な副作用 便秘、下痢、食欲不振、吐き気、頭痛、しゃっくり
重大な副作用 ショック・アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、穿孔性十二指腸潰瘍

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、瀬戸大橋。瀬戸大橋は、本州と四国(香川県)を繋ぐ、10本の長い橋の総称です。制吐剤は、作用機序が異なる制吐薬を併用する使い方が一般的なので、橋には“支持療法の新たな架け橋”という意味が込められています。

一般名:アプレピタント カプセル
製品名:イメンドカプセル80mg,125mg,カプセルセット
NK1拮抗型制吐剤/選択的NK1受容体拮抗型制吐剤
小野薬品工業

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. パルモディア/リバロ/デベルザ/スイニー

  2. アイミクス/主要成分の特許切れ

  3. マクジェン/日本初のアプタマー医薬品、AMD注射薬

  4. ディレグラ/3大症状を1剤で速やかに

スポンサードリンク

コラム

  1. 新人のための医薬広告キービジュアル入門

    ▼制限の中で知恵を絞って表現されるキービジュアル医療用医薬品(プロドラッグ)は、患者が自分で自分...

人気の記事

  1. 患者さんの声にこたえたくて、マルホはヒルドイドソフト軟膏0.3%50gチューブを発売しました...
  2. HIV/AIDS領域に特化しグローバルな視点で新たなニーズに応え続けることそれがヴィーブヘルスケアの...
スポンサードリンク