タケプロン/胃潰瘍・逆流性食道炎治療薬のエース

守るチカラ。

▼タケプロンとは?

「タケプロン」は、胃酸の分泌を抑える胃潰瘍や逆流性食道炎の薬です。プロトンポンプ阻害薬(PPI)と呼ばれ、強力に胃酸の分泌を抑える効果があります(国内で2番目のPPI)。

更に、抗生物質が効きにくい胃潰瘍の原因菌“ヘリコバクター・ピロリ”の除菌効果も高い薬です。PPI(プロトンポンプインヒビター)は、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療にファースト・チョイスとして選択されることが増えています。

「タケプロン」は、胃潰瘍・逆流性食道炎治療薬のエースとして長年君臨していましたが、既に特許が切れており、ジェネリック(後発品)も豊富に出ています。また、「タケプロン」を改良した「タケキャブ」という新製品も発売されています。

タケプロンジェネリック15mgタケプロンジェネリック個人輸入
タケプロンジェネリック15mg
タケプロンジェネリック30mg

▼タケプロンの適応拡大

「タケプロン」は、発売当初の適応症に加えて、新たに様々な効能・効果が加わっています。胃潰瘍の原因菌ヘリコバクター・ピロリの除菌補助、非びらん性胃食道逆流症の治療、アスピリンや鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬)が原因の胃潰瘍にも有効です。

2000年9月 ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
2010年7月 低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制
2010年8月 非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制

▼タケプロンと低用量アスピリン

近年、高齢化社会に伴って、脳梗塞や心筋梗塞の再発予防を目的に低用量アスピリンを服用している高齢者が増加しています。アスピリンは低用量であっても、長期間の投与によって、薬剤性の胃潰瘍や十二指腸潰瘍(NSAIDs潰瘍)を引き起こすことが明らかになっています(日本人の低用量アスピリン服用患者の潰瘍発症率は11.7%)。

NSAIDs潰瘍が発見されても、アスピリンを休薬することは簡単には出来ないのが現実です。そのため昔は、低用量アスピリンと併用するかたちで、潰瘍予防としてPPIやH2ブロッカーが適応外処方されていました。「タケプロン」の適応が拡大されていくことで、現場の様々なニーズに応えていくことが可能となっています。

▼ピロリ除菌率が上昇

ピロリ除菌療法については、プロトンポンプ阻害剤と抗菌剤(クラリスロマイシンやアモキシシリン)の組合せによる一次除菌と二次除菌が保険適用となっています。近年、クラリスロマイシンの耐性などが原因で除菌成功率は低下傾向にありましたが、プロトンポンプ阻害剤の登場で、除菌率が再び上昇しているとのことです(ヘリコバクター学会発表)。【追記:2017年8月】

▼他のPPI(プロトンポンプ阻害薬)との比較

・オメプラール:一番薬価が安いPPI
タケプロン:OD錠あり。副作用が少ない
パリエット:効果が一番強い。薬価も高い(20mg)
ネキシウム:効果が速く強い
タケキャブ:タケプロンの改良版(P-CAB)。速効性で持続型



▼タケプロンの副作用

「タケプロン」は、副作用が比較的に少ない薬です。主な副作用は、頭痛やめまい、軟便や下痢などです。場合によっては、肝機能の数値に異常が見られることもあります。私はピロリ菌の除菌治療で、飲んだことがありますが、すぐに強烈な下痢がやってきました。薬の成分も一緒に出てしまわないのかな?と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。下痢がひどい場合には、医師に相談しましょう。

特別な副作用としては、白血球の減少、血小板の減少などが報告されています。ほとんどありませんが、稀に肝障害、皮膚障害、間質性肺炎などの報告もあります。心配な方は、定期検査を行っておけば安心です。

主な副作用 軟便、下痢、便秘、発疹、肝機能値異常、頭痛、めまい
重い副作用 アナフィラキシー・ショック、血液成分の異常(白血球の減少、血小板の減少)、肝障害、皮膚障害、間質性肺炎

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、屋久杉。「胃を守るチカラ」というコンセプトのキービジュアルになっています。

屋久島の樹木は栄養の少ない花崗岩の上に生えるため、成長が遅いと言われています。成長が遅い屋久杉は通常の縄文杉よりも木目が詰っていて、樹が腐りにくいという特徴があります。その結果、樹の寿命が長くなり、樹齢2000年以上の大木が多いというわけです。

キービジュアルの手法に“メタファー分析”というものがあります。「タケプロン」という製品の特性を言葉で説明するのは難しいけれど、植物でなら簡単に伝えられる! というテクニックです。

製品に見立てたビジュアル(ここでは屋久杉の写真)を用意してあげれば、広告を見た人がその製品の特性を自分なりに補完して想像してくれるわけです。

一般名:ランソプラゾール
製品名:タケプロンカプセル15mg,30mg、OD錠15mg,30mg
消化性潰瘍用剤/プロトンポンプ阻害剤/プロトンポンプインヒビター
武田薬品工業

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. フォシーガ/世界60ヵ国以上で承認

  2. ペガシス/INFの改良版ペグインターフェロン

  3. イナビル/4番目のノイラミニダーゼ阻害薬

  4. フォシーガ/The New Way

スポンサードリンク

コラム

  1. 誰のためのAGなのか?

    ▼オーソライズドジェネリックとは?オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品...

人気の記事

  1. 強者(つわもの)、現る。
  2. コレステロール管理の頼れるパートナー。
スポンサードリンク