ネキシウム/代表的なプロトンポンプ阻害薬

飛び立たせるものがある。
私を飛び立たせるものがある。
ともに、パッと明るい世界へ。
みんなを、飛び立たせていく。

▼ネキシウムとは?

「ネキシウム」は逆流性食道炎の治療として、代表的なプロトンポンプ阻害薬(PPI)です。普段胃酸は、侵入してくる“菌”から胃腸を防御する重要な役割を果たしています。しかし、胃壁が弱っている時に胃酸が逆流すると、食道を傷つけたり、胸焼けを起こしたりします。「ネキシウム」は酸分泌抑制の効果があり、胃酸の分泌を強くに抑え、胃酸によって起こる悪影響を軽減します。結果的に、逆流性食道炎や胃潰瘍の状態が良くなり、胃痛や胸焼けも軽減されます。アスピリンや鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬)が原因で胃が荒れてしまった場合の痛みにも有効です。PPI製剤は効果も良く、ネキシウムは海外でかなり売れている薬です。世界では2000年に発売。For the Next Millennium(次の千年紀のための)という意味が込められています。

For the Next Millennium → ネキシウム

PPIの先行薬の「オメプラール」の適応である逆流性食道炎に加えて、現場からのニーズが高かった“非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍”“十二指腸潰瘍の再発予防”の効能効果も取得しています。潰瘍出血の経験がある患者の消化器保護などに用いられ、潰瘍出血の再発の抑制効果が広く認められています。PPI製剤の胃酸分泌抑制作用は、H2ブロッカー(ガスターなど)、M1ブロッカー(ガストロゼピンなど)を上回るといわれています。

PPI(プロトンポンプ阻害薬)の他に胃酸の分泌を抑える薬には、H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)、M1ブロッカー(選択的ムスカリン受容体拮抗薬)があります。どちらも逆流性食道炎に効果がありますが、効果としては、PPI>H2ブロッカー>M1ブロッカーの順で強力です。治療の初期はPPI、長期の維持療法にはH2ブロッカーを使うのが一般的です。

ネキシウム(エソメプラゾール)40mg

▼ネキシウム、PPI製剤として初の小児適応へ(追記:2018年1月)

2018年1月、厚生労働省は「ネキシウム」の小児用量と新剤形(懸濁用顆粒分包)について承認しました。再審査期間は4年。

近年、胃酸が関係する病気にかかる子供が増えてきており、アストラゼネカでは、2014年から「ネキシウム」の小児への適応拡大に向けた臨床試験を開始していました。日本では初めて小児適応を持つプロトンポンプ阻害薬(PPI)となります。PPI市場の「タケキャブ」との熾烈なトップ争いにおいて、「ネキシウム」が一歩リードすることになりそうです。

顆粒剤は小児用量の追加に伴い、小児にも飲みやすい剤形として開発されました。小児に用いる際の対象疾患は成人とは異なるので、注意が必要です。なお、顆粒剤は成人も使うことが可能です(成人の場合、全適応)。

胃食道逆流症の場合、第一選択薬はPPI(プロトンポンプ阻害剤)となるので、子供に対してもPPIを処方したいというケースは少なくありません。重度の場合には、体重増加不良、反復性肺炎、喘息などを起こす可能性があるため、日本小児栄養消化器肝臓学会からは、小児適応の開発が熱望されていました。

しかし、成人でも副作用が出ることがある薬ですから、小児へ処方する場合には慎重な検討が必要です。一番起こりやすい副作用としては“下痢”が考えられますが、頭痛やめまい、眠気などの中枢神経系の症状が出る可能性も指摘されています。

▼他のPPI(プロトンポンプ阻害薬)との違い

・オメプラール:一番薬価が安いPPI
・タケプロン:OD錠あり。副作用が少ない
パリエット:効果が一番強い。薬価も高い(20mg)
・ネキシウム:効果が速く強い
タケキャブ:タケプロンの改良版(P-CAB)。速効性で持続型


▼広告のキービジュアル

胃の改善を風船でたとえた広告のビジュアルです。不快感からの解放、というイメージでしょうか。非現実的な空間で、はっと目をひきました。ネキシウムのマークは、胃の内部の内壁を表していると思われます(放酸のイメージ?)。ファッション雑誌の広告のように綺麗なデザインですね。2012年、日経BP社の医療部門の広告賞を受賞しました。

一般名:エソメプラゾールマグネシウム水和物
製品名:ネキシウムカプセル10mg,20mg
消化性潰瘍用剤/プロトンポンプ阻害剤/プロトンポンプ・インヒビター
第一三共
アストラゼネカ
発売準備中

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ビソノテープ/ゆるやかに吸収、穏やかに降圧

  2. グーフィス/胆汁酸トランスポーター阻害剤

  3. リクシアナ/DOAC市場の切り替え薬でトップ

  4. ラロキシフェン/エビスタジェネリック

スポンサードリンク

コラム

  1. 不適切な広告事例

    先日、厚労省が「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書」を公表しました。

注目の医薬広告

  1. ▼シングレアとは?「シングレア」は、新しい作用機序の抗アレルギー薬です。
  2. 慢性腰痛症に伴う疼痛から完全に逃れることはできないかもしれないが、抜け出す手伝いはできる。
スポンサードリンク