リルテック/筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬

▼リルテックとは?

「リルテック」は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬です。神経細胞を保護して、病気の進行を遅らせるための薬です。ALSは原因不明の病気で、「リルテック」で完治出来るわけではありません。あくまでも病状を緩和させたり、進行を遅らせるための薬です。

効果については個人差があり、必ずしもよい結果が期待出来るとはかぎりません。肝臓の悪い人は、使用できないことがあります。

▼ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは?

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、原因不明の神経疾患であり、国内に約9千人いると言われています(平成25年度特定疾患医療受給者数より)。現在最も盛んに研究が行われている病気のひとつです。罹りやすい年齢は60~70歳代で、比較的男性に多い病気です。

ALSは筋肉の病気ではなく、中枢神経領域の疾患で、運動に関係する神経(運動ニューロン)だけが障害を受ける病気です。具体的には、手足や喉、舌や呼吸に必要な筋肉が落ち、次第に力が入らなくなっていきます。話しにくい、食事が飲み込みにくいという症状も報告されています。

運動ニューロンが障害を受けると、「身体を動かせ」という脳からの指令が伝わりにくくなり、力が入らなくなって、結果として筋肉が落ちていきます。喉の筋肉が弱まると喋りにくくなり、水や食事を飲む込むことも困難になります。呼吸に必要な筋肉が落ちると呼吸が十分にできなくなります。いずれの場合も、やがて全身の筋肉が痩せて、歩けなくなります。

しかし、感覚や視力・聴力、内臓の機能は正常に保たれることが一般的です。

▼リルテックの副作用

「リルテック」の主な副作用は、吐き気、めまい、頭痛、眠気、肝機能異常などです。服用する場合は、定期的な肝機能検査、腎機能検査が必要です。

深刻な副作用は滅多にありませんが、血液中の白血球が減ってしまったり、間質性肺炎など、肺に問題が発生することがあります。発熱、咳、息苦しさなどを感じたら、すぐに医師に相談してください。

重い副作用 アナフィラキシー様症状、血液の異常、間質性肺炎、肝臓の重い障害
見出しセル 吐き気、食欲不振、下痢、腹痛、便秘、めまい、頭痛、眠気、筋肉の緊張、発疹、かゆみ、肝臓異常、腎臓異常

▼関連項目

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、家族(娘と孫)でお出かけするイラストです。小鳥たちも祝福しています。筋萎縮性側索硬化症(ALS)が小康状態となって、元気に家を出る姿を表現しています。温かみのあるイラストで、信頼と好感度を獲得するデザインです。

一般名:リルゾール製剤
製品名:リルテック錠50
中枢神経系用薬/筋萎縮性側索硬化症用剤/
サノフィ・アベンティス

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. カデュエット/2大スターが合体したゴールデンカップル

  2. ネクサバール/肝臓がんの全身治療薬

  3. オルメテック/10周年

  4. ユニシア/ロゼレム/ネシーナ/過食、睡眠不足、高齢化

スポンサードリンク

コラム

  1. ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

    HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。

人気の記事

  1. 痛みと炎症。
  2. 慢性腰痛症に伴う疼痛から完全に逃れることはできないかもしれないが、抜け出す手伝いはできる。
スポンサードリンク