アトルバスタチン/リピトールのジェネリック

アトルバスタチンとは?

「アトルバスタチン」は、体内のコレステロールを減らす高脂血症の薬です。先発品「リピトール」の後発品医薬品(ジェネリック)で、各社から発売されています。

「アトルバスタチン」は、スタチン系に分類される種類の薬で“HMG-CoA還元酵素阻害薬”と呼ばれます。スタチン系はコレステロール低下作用が強く、効果にも実績があります。高脂血症(高コレステロール血症)の治療に、非常に頻繁に使用されている薬です。

「アトルバスタチン」は、肝臓でのコレステロールの合成を抑制し、LDLコレステロール(悪玉)が減少させる薬です(一方、善玉のHDLコレステロールは増加)。コレステロールのほか中性脂肪(トリグリセライド)も低下させます。血液中の脂質動態を改善することで、結果的に動脈硬化の進展を抑制することへ繋がっていきます。


リピトール80mg
リピトール40mg
リピトールジェネリック5mg

アトルバスタチンの強さ

スタチン系の中でも他剤に較べて強力なスタチンを“ストロングスタチン”と呼んでいます。ストロングスタチンとしては、これまで「リピトール」(アトルバスタチン)が一番強い薬でしたが、2005年に“リピトールよりも強力な薬”として「クレストール」(ロスバスタチン)が発売され、スタチン系最強の座を譲りました。

国内臨床試験の結果、「アトルバスタチン」は平均して総コレステロール値を30%、LDLコレステロール(悪玉)値を41%低下させました。一方で、HDLコレステロール(善玉)値は9%上昇しました。

日本老年医学会が発行している【高齢者脂質異常症診療ガイドライン2017】では、スタチン系高脂血症治療薬を冠動脈疾患の二次予防に推奨しています。ただし、“スタチン系高脂血症治療薬は、高齢者の糖尿病の新規発症を増加させる”とも指摘しており、高齢者の処方には充分な注意が必要です(追記:2017年11月)。

▼スタンダードスタチンとストロングスタチン

スタチン系の高脂血症治療薬は、効果の強さで【スタンダードスタチン】【ストロングスタチン】に分けられます。「アトルバスタチン」は、スタチン系の中では【ストロングスタチン】に分類される薬剤です。LDLコレステロールを低下させる効果は、【スタンダードスタチン】で約15%、【ストロングスタチン】で約30%と言われています。

基本的に、実際のLDLコレステロール値と目標値の幅が30mg/dL以下の場合は「ローコール」や「メバロチン」のような【スタンダードスタチン】が処方されます。一方、LDLコレステロール値と目標値が50mg/dL以上乖離している場合は、初めから「リピトール」や「クレストール」といった【ストロングスタチン】が処方されます。

▼脂溶性の薬と水溶性の薬

スタチン系に分類されるHMG-CoA還元酵素阻害薬は【脂溶性の薬】【水溶性の薬】のふたつのタイプに分類されます。「アトルバスタチン」は、脂溶性のHMG-CoA還元酵素阻害薬です。一般的に脂溶性の薬は、内臓や細胞へ薬の成分が伝わりやすいと言われています。その為、脂溶性の薬は効果が出やすい一方で、水溶性の薬に較べると副作用が発現しやすい傾向があります。

ローコール スタンダードスタチン 肝代謝、メバロチンよりも効果強、脂溶性
メバロチン スタンダードスタチン 腎排泄、細粒剤あり、日本初のスタチン、水溶性
クレストール ストロングスタチン 胆汁排泄、スタチン系最強、水溶性
リバロ ストロングスタチン 胆汁排泄、スタチン初のOD錠、脂溶性
リピトール ストロングスタチン 肝代謝、配合錠(カデュエット)あり、グレープフルーツNG、脂溶性

▼主なスタチン系「高脂血症治療薬」




高脂血症(高コレステロール血症)とは?

高コレステロール血症という病気は、血液中のコレステロールが多すぎる状態のことを指します。自覚症状がない場合でも、長い時間をかけて少しずつ動脈硬化が進むと、心筋梗塞や狭心症といった深刻な病気の原因となる可能性があります。日常的にコレステロールを低下させておけば、将来発症するかもしれない心筋梗塞や脳梗塞などの深刻な病気のリスクを減らすことが可能です。コレステロールのほか中性脂肪を低下させる効果もあります。

心筋梗塞や脳梗塞の多くは、血管内にこびりついて出来たプラークというコブ(粥腫)が破裂して、それが血栓となって血が流れなくなってしまって発症します。「アトルバスタチン」などの医薬品を使ってコレステロールを十分に下げてやると、プラークが安定して破裂しにくくなります。一度罹患した患者の再発防止にも役立ちます。

アトルバスタチンの副作用

「アトルバスタチン」の主な副作用としては、腹痛や吐き気などの胃腸症状と肝機能異常が報告されています。

注意したいのは、まれに発症する“横紋筋融解症”です。筋肉が障害を受けて起こる横紋筋融解は、横紋筋(体を動かす筋肉)が血の中へ溶け出し、尿として出るという病気です。重症の場合には、腎不全などの臓器機能不全に繋がり、死に至るケースもあります。フィブラート系の高脂血症治療薬と併用していると起こりやすいといわれています。

重い副作用 横紋筋融解症、ミオパチー、肝機能異常、過敏症、皮膚・粘膜障害、血液の異常、発熱、全身倦怠感、間質性肺炎
その他の副作用 肝機能値異常、胃部不快感、吐き気、腹痛、下痢、手指のしびれ、頭痛、不眠、発疹、かゆみ

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、球体が切断されている様子を描いたCGです。アトルバスタチンの特徴である強力な切れ味(ストロングスタチン)を感じさせるビジュアルに仕上がっています。

一般名:アトルバスタチン カルシウム
製品名:アトルバスタチン錠5mg, 10mg
高脂血症治療薬/スタチン系/HMG-CoA還元酵素阻害剤
東和薬品

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. テネリア/カナグル

  2. エビリファイ/非定型抗精神病薬

  3. アレロック/眠気も高いが効果も強い、軽度鎮静性

  4. ベムリディ/TDF改良版、1/10以下の用量に

スポンサードリンク

コラム

  1. 企業広告に隠された利点

    皆さんは、企業広告というものをどのくらい気にかけていますか?正直に云って、あまり気にしていない方...

人気の記事

  1. 歴史が 変わる 瞬間がある▼ハーボニーとは?「ハーボニー」は、C型肝炎のウイルス増加をおさえ...
  2. 失われる思い、消えゆく記憶の絆。
スポンサードリンク