ジルテック/2歳児から使える抗ヒスタミン薬

はやく、つよく、ながく
ジルテックなら2歳から

▼ジルテックとは?

「ジルテック」は、第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1拮抗薬)と呼ばれるアレルギー治療薬です。その特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、抗コリン作用などよけいな作用が減弱されている点です。このため、第1世代に比べて、口渇や排尿障害などの副作用が激減しています。また、眠気の副作用もやや軽減されています。このようなメリットがあることから、アレルギー性疾患の改善に幅広く使われるようになりました。特に、鼻水とくしゃみに治療効果が高く、鼻づまりや目のかゆみにもある程度効くと云われています。
ジルテック個人輸入
ジルテック10mg

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、短距離走の選手と子どもたち。比較的速効性で持続時間も長いので、「はやく、つよく、ながく」と謳っています。2009年に、小児に対する正式な効能と用法・用量が認められたことで、広告にも元気に走る子供たちを起用しています。

▼他のアレルギー薬との違い

・「アレロック」:眠気高い、効果強い、比較的速く効く、1日2回
・「ジルテック」:眠気やや高い、効果やや強い、1日1回、アルコール注意
・「タリオン」:眠気やや低い、効果やや弱い、1日2回
・「クラリチン」:眠気低い(パイロット服用可)、効果弱、1日1回、薬価安い
※効き目や副作用には個人差があります。

他アレルギー薬との比較




一般名:セチリジン塩酸塩
製品名:ジルテック錠5,10、ドライシロップ1.25%
抗ヒスタミン薬/持続性選択H1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療剤
第一三共

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. デベルザ/新発売

  2. ウリアデック/尿酸問題を解くチカラ

  3. 第一三共エスファ/先発品と同一のジェネリック

  4. フォサマック/世界で一番使用されているビスホスホネート

スポンサードリンク

コラム

  1. リッツとイソジン、それぞれの争い

    リッツ、ブランド対決の勝敗2016年、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

人気の記事

  1. 血栓形成予防戦略▼プラビックスとは?「プラビックス」は、血を固まりにくくして、血栓を防ぐ抗血...
  2. 服薬アドヒアランスの向上と、長期にわたる安定した血糖コントロールを目指して国内初のDPP-4阻害...
スポンサードリンク