プロレナール/一歩一歩、思い通りをかなえたい

一歩一歩、思い通りをかなえたい。
プロレナール

▼プロレナールとは?

「プロレナール」は、手足の末梢動脈血管を拡げて、血流をよくする薬です。血行障害の治療に使われます。いわゆる“血液サラサラ”系の薬で、血管に血栓ができるのを抑制する効果があります。

正式な適応症の閉塞性血栓血管炎(TAO)にだけでなく、動脈硬化による慢性動脈閉塞症(ASO)に対しても処方されています。その後、日本に240万人いると言われている“脊柱管狭窄症”の効能が認められ、近年は「腰部脊柱管狭窄」の薬として使われることが多くなっています。

プロスタグランジン(PGE1)は、体内で産生される局所ホルモンの一種で、血管の拡張や血液の固まり具合を調節しています。そのような作用機序から、血管拡張薬、末梢循環改善薬、または抗血小板薬に分類されます。

【効能1】 閉塞性血栓血管炎に伴う潰瘍、疼痛および冷感などの虚血性諸症状の改善
【効能2】 後天性の腰部脊柱管狭窄症(SLR試験正常で、両側性の間欠跛行を呈する患者)に伴う自覚症状(下肢疼痛、下肢しびれ)および歩行能力の改善

▼プロレナールの副作用

主な副作用として、顔のほてりや頭痛、動悸などが挙げられます。このような症状は、「プロレナール」の血管拡張作用に関係する副作用です。その他の副作用としては、下痢、腹痛、吐き気、発疹、かゆみなどが報告されています。

深刻な副作用は、ほとんど起こらない薬ですが、肝臓に重い症状が見られる場合はあります。身体がだるかったり、食欲がなかったり、、白目が黄色くなる、茶褐色の尿が出るという症状が見られた場合は、早急に医師に相談してください。

▼その他の類似薬





▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、人々の笑顔のスナップ写真です。円形は血管の断面図のイメージでしょうか。「プロレナール」の黄色が血管を拡げ、人々の笑顔の輪も広かっています。


一般名:リマプロスト アルファデクス
製品名:プロレナール錠5μg
PG誘導体/経口プロスタグランジンE1誘導体製剤
大日本住友製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. エビリファイ/非定型抗精神病薬

  2. ランタス/KNOW YOUR 24 HOURS

  3. ゾレア/小児適応追加

  4. ミネブロ/糖尿病や中等度腎障害合併患者にも投与可能な降圧薬

スポンサードリンク

コラム

  1. ジェネリック/創意工夫でシェアを伸ばせ!

    2010年4月から、政府の後発医薬品使用促進策の一環として、医師が処方箋の【変更不可】欄にサインしな...

人気の記事

  1. HIV/AIDS領域に特化しグローバルな視点で新たなニーズに応え続けることそれがヴィーブヘルスケアの...
  2. 1日1回で目標値へGo down 高尿酸血症治療はフェブリクで▼フェブリクとは?「フェブ...
スポンサードリンク