オロパタジン/鼻炎をケシマス

▼オロパタジンとは?

「オロパタジン」はアレルギーの薬で、「アレロック」のジェネリック(後発医薬品)です。第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1拮抗薬)に分類されます。特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、余計な作用が弱くされている点です(口渇や排尿障害などの副作用がほぼなくなりました)。眠さの副作用も軽減されていますが、他のアレルギー薬に比べると眠気は高い方です。

有効成分のオロパタジンは、アレルギー性疾患に幅広く用いられています。どちらかと言うと速く効く薬で、効果持続時間も長いほうです。「オロパタジン」は、特にくしゃみ・鼻水、蕁麻疹に効果的で、鼻づまりの改善にも期待できます。

▼副作用について

主な副作用は、眠気や倦怠感などです。副作用は少なく、重大な副作用はほとんど起こりません。ただし、服用が長期間に亘る場合は、定期的に肝機能検査を受けることが推奨されています。

▼他のアレルギー薬との違い

・「アレロック(オロパタジン)」:眠気高い、効果強い、比較的速く効く、1日2回
・「ジルテック」:眠気やや高い、効果やや強い、1日1回、アルコール注意
・「タリオン」:眠気やや低い、効果やや弱い、1日2回
・「クラリチン」:眠気低い(パイロットも服用可)、効果弱い、1日1回、薬価安い
※効き目や副作用には個人差があります。




▼広告のキービジュアル
広告のキービジュアルは、火消しのクマです。鼻炎を“火事”に喩えているわけですね。楽しい雰囲気の広告です。ちなみに、クマが持っている火消し棒は、「ケシの実」と「升(米などを量る器)」で、ケシ+マス=消します! という駄洒落になっています。


一般名:オロパタジン塩酸塩
製品名:オロパタジン塩酸塩「テバ」2.5mg,5mg、OD錠2.5mg,5mg
抗ヒスタミン薬/アレルギー性疾患治療剤
TEVA製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. リプレガル/遺伝子活性化技術から生まれたファブリー病治療薬

  2. リピディル/血清脂質を良好にコントロール

  3. トレリーフ/てんかん薬からパーキンソン病へ

  4. サノフィ/糖尿病治療薬の常識を変える

スポンサードリンク

コラム

  1. 新人のための医薬広告キービジュアル入門

    ▼制限の中で知恵を絞って表現されるキービジュアル医療用医薬品(プロドラッグ)は、患者が自分で自分...

人気の記事

  1. 信頼に応え続けます。
  2. 血栓形成予防戦略▼プラビックスとは?「プラビックス」は、血を固まりにくくして、血栓を防ぐ抗血...
スポンサードリンク