日本ケミファ/ココロにも届いてほしい

カラダだけじゃなくココロにも届いてほしい
新薬も、ジェネリック医薬品も、あなたの笑顔のために。

日本ケミファ株式会社(にっぽんケミファ)は、医薬品・検査試薬の製造販売を行う製薬会社です。新薬も扱っているジェネリック(後発医薬品)メーカーという位置づけで、医師や調剤薬局等にPRしています。近年は新薬の開発力が低下しており、ジェネリック医薬品中心の姿勢を取っています。

日本ケミファは、薬価改定などで今後ますます環境が厳しくなることを見据えており、原薬調達、開発、製造、販売の全体で取り組みを強化する“ローコストオペレーション”を重要戦略として考えています。2018年からのベトナム工場の本格稼働によって海外生産比率を上げ、製造コストの30%削減を目指しています。将来的に製造だけでなく、研究・開発の一部をベトナムで行うことも検討中とのことです。

営業については効率を重視して、需要が高く利益が期待出来るDPC(包括医療費支払い制度採用の)病院へ対応を強化しています。また、ジェネリックの使用促進を狙った“3価格帯”の製品が多い日本ケミファとしては、ジェネリックのコスト負担が重くなっている医薬品卸に対して、「マージン率は同じでも金額ではメリットがある」ということをセールスポイントとしてアピールしていく考えです。

▼広告のキービジュアル

薬の研究をしているヤギのキャラクターが可愛い広告です。ヤギは古来から生贄として使われることが多い動物ですが、ここでの意図は“学者”とか“博士”というイメージでしょうか。医薬の世界でヤギ(特にシバヤギ)は、実験動物として利用されています。ヤギはマウスやラットなどよりも体が大きく、血清が大量にとれるため、ポリクローナル抗体を作るために重宝されているということです。



日本ケミファ株式会社

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. リアルダ/一歩、踏み出す時

  2. ディレグラ/departure study公表!

  3. アレロック/独自技術のOD錠

  4. フォシーガ/投薬期間制限解除

スポンサードリンク

コラム

  1. 潜在能力を感じるサービス“医薬情報おまとめ便”

    2017年4月に開催された「ヘルスケアIT」で“医薬情報おまとめ便”というサービスを知りました。

人気の記事

  1. ▼ルプラックとは?心臓や腎臓や肝臓の動きが不調になると、身体に水分がたまり浮腫(むくみ)が起こり...
  2. 日本の高血圧治療に新しい選択肢。ノルバスクは、1日10mgまでの処方が可能になりました。
スポンサードリンク