ザクラス/A+A=Z

アジルバ」と「ザクラス」のジョイント広告です。
武田薬品さん得意のCGの立体物が、キービジュアルとして存在感を放っています。
「ザクラス」が「アジルバ」とアムロジピンの配合錠ということで、

“アジルバの【A】とアムロジピンの【A】が合体して、ザクラスの【Z】になる!”

というのが、面白いですね。超合金ロボの合体みたいで、楽しいです。

「ザクラス」は、2種類の有効成分からできている高血圧症治療薬です。1つはARBことアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬のアジルサルタン(アジルバ)です。もうひとつの有効成分は、持続性カルシウム拮抗薬のアムロジピン(ノルバスク)です。

どちらも非常に良く使われている成分で、血管の筋肉をゆるめて血管を拡げる効果があります。心臓の収縮をおさえ心臓を休ませるので安全性が高く、副作用も少ないので、高齢者にも比較的使いやすい薬剤です。アジルサルタンとアムロジピンが一緒に作用することで効果が高まり、高い降圧効果が期待できます。

▼ARB+Ca拮抗薬の配合剤市場

高血圧症の治療は、ARB配合剤の登場で従来の標準治療薬だったカルシウム拮抗薬(Ca拮抗薬)やアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE)が流行遅れになるほど激変しました。

降圧剤はすべての医療用医薬品の約20%を占めると言われています。2008年の薬価改定でARBを中心に大幅に薬価が引き下げられましたが、これから益々高齢化が進む国内では、高血圧の患者数は増加し、以前として市場は膨張を続けていくと予測されています。

ARBとCa拮抗薬(CCB)の降圧配合剤も、様々な製品の発売で競争が激化しています。配合剤の市場は2005年にCa拮抗薬の売上を抜いて以降、拡大し続け、2010年には5,200億円(前年比6.9%増)を達成しました。

▼代表的なARB+Ca拮抗薬の合剤とその特徴

エックスフォージ バルサルタン+アムロジピン 国内初のARB+CCB。OD錠あり
レザルタス オルメサルタン+アゼルニジピン 心臓腎臓など臓器保護作用、24時間持続
ユニシア カンデサルタン+アムロジピン 脳保護効果、心保護効果
ミカムロ テルミサルタン+アムロジピン 胆汁排泄型、脂質代謝に好影響、24時間持続
アイミクス イルベサルタン+アムロジピン 長時間作用型、アムロジピン10mg高用量あり
ザクラス アジルサルタン+アムロジピン 降圧効果最強、長時間持続
アテディオ バルサルタン+シルニジピン 早朝高血圧を優位に低下、尿酸値低下作用







一般名:アジルサルタン/アムロジピン ベシル酸塩
製品名:ザクラス配合錠LD,HD
降圧剤/ARB・Ca拮抗薬配合剤/持続性AT1レセプターブロッカー/持続性Ca拮抗薬配合剤
武田薬品工業

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. パルモディア/承認から10ヵ月、ついに発売

  2. アッヴィ/企業広告

  3. メマリー/ドライシロップ新登場

  4. エフィエント/20mg錠新発売

スポンサードリンク

コラム

  1. ジェネリック/創意工夫でシェアを伸ばせ!

    2010年4月から、政府の後発医薬品使用促進策の一環として、医師が処方箋の【変更不可】欄にサインしな...

人気の記事

  1. 私が私に選ぶなら▼エリキュースとは?「エリキュース」は、「リクシアナ」、「イグザレルト」...
  2. Smile again―もっと私らしく―【適応追加】エビリファイは非定型抗精神病薬として...
スポンサードリンク