消化器領域オンライン/Go for It !

Go for It !

▼ゼリア新薬とは?

ゼリア新薬工業は、消化器系領域の治療薬に強みを持つ製薬会社。医療用医薬品としては潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール」、世界初の機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド」が主力で、OTC(一般薬)としては、コンドロイチン製剤「ゼリア錠」が有名。また、ユニークなコマーシャルが話題となった滋養強壮ドリンクの「ヘパリーゼ」が世間に浸透している。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、走る女性。消化器官にスポットが当てられています。キャッチコピーの“Go for It !”の頭文字が消化器系疾患領域(GI)を表しており、ターゲットに分かるように工夫されています。

充実した製品ラインナップを見せると同時に、ゼリア新薬のポータルサイト「消化器領域オンライン」への誘導を促しています。

自社のポジションを可視化することで、ターゲットにゼリア新薬の価値を伝えるための広告です。このような医薬広告を“ポジショニング広告”と呼び、医療従事者の心の中に「特異な存在だな」と認識させるための戦略のひとつです。

試しにGoogleで「消化器領域」と検索すると、一番先頭に出てくるのがゼリア新薬です(2015年現在)。エーザイや持田製薬、アストラゼネカなどを抑えて、独自のポジションを築きつつあります。効果的なポジション獲りが出来れば、競合他社と区別され、医療従事者から選ばれる存在となりえるのです。

▼情報を持つ者が市場を制する

医療用医薬品は、製品としての価値と共に“情報”という価値も持っています。医薬品は売って終わりではなく、情報の収集と分析、そして医療現場からのフィードバックが欠かせません。製薬企業は、大学病院や診療所を中心に、医薬品の最新知見や製品特性、適正使用などの情報提供を全国のMRやwebサイトなどを活用して行っています。

消化器領域オンライン」というポータルサイトは、人を集めることで情報の価値を最大化しようという試みのひとつです。特に競合他社が多くいる場合は、“情報の価値”が大きな意味を持ちます。情報を持つ者が市場を制するのです。

消化器領域お役立ちポータルサイト

▼関連情報

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. カナグル/その効果、日本発グローバル

  2. ベムリディ/TDF改良版、1/10以下の用量に

  3. ゼチーア/アトーゼット配合錠を発売

  4. フォシーガ/The New Way

スポンサードリンク

コラム

  1. 企業広告に隠された利点

    皆さんは、企業広告というものをどのくらい気にかけていますか?正直に云って、あまり気にしていない方...

人気の記事

  1. DUAL and STRONG▼ルパフィンとは?「ルパフィン」は、第2世代の抗ヒスタミン剤(...
  2. うつ病から完全に逃れることはできないかもしれないが、抜け出す手伝いはできる。
スポンサードリンク