アッヴィ/企業広告

アッヴィ(AbbVie)の企業広告です。

▼アッヴィとは?

アッヴィ(AbbVie)合同会社は、米国アッヴィの日本法人。抗体医薬などを主力とする研究開発型バイオ医薬品企業。もともとは、約125年の歴史を持つアボット・ラボラトリーズの創薬部門だったのですが、分社化して新薬事業を承継し、バイオ医薬品企業としての事業を本格的に開始しました。

合同会社ということで、大企業よりも意思決定が早く、現場と密に連携しながら新しい戦略を展開していけるのが強みです。開発本部は、米国の本社と直結しており、世界各国の医師や研究者と協力しながら、新薬の開発を進めています。

アッヴィの業績は好調で、分社化当初の目標であった“2020年までに1000億円の売上”を2016年の時点で達成しています。

▼バイオテクノロジーに強みを持つ企業

アッヴィが新薬開発の対象としている多くは、治療の難しい希少疾患です。2017年、アッヴィは自己免疫疾患、C型肝炎、ニューロサイエンス、新生児という4本柱に加え、“オンコロジー領域”を5つ目の柱として、業績拡大を図る方針を打ち出しました。 

2019年度オンコロジー領域(癌などの腫瘍領域)での新薬上市へ向けて、開発部門・メディカル部門・営業部門といった組織を強化していく予定です。オンコロジー領域への参画にあたっては、製品のブランディングから着手しており、新薬の承認時期が見えてくれば、営業組織の構築と市場調査を始めるとのことです。

新規分子標的薬として注目されているPARP阻害剤「ベリパリブ」については、肺癌と卵巣癌の国際共同PHASE3試験に日本も参加しています。BCL-2阻害薬「ベネトクラクス」も慢性リンパ性白血病の適応で国内で開発を進めています。また、自己免疫疾患領域でも、「ヒュミラ」で築き上げた存在感を強化していく考えです。

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ノウリアスト/新作用機序でwearing-off治療を変えていく

  2. シングレア/のみやすさの進化形、OD錠新発売

  3. カロナール/古くから使われ続けている解熱鎮痛薬

  4. ティーエスワン/世界初、抗がん剤のOD錠

スポンサードリンク

コラム

  1. 誰のためのAGなのか?

    ▼オーソライズドジェネリックとは?オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品...

人気の記事

  1. C型肝炎は治療が目指せる時代にC型肝炎検査キット▼ハーボニーとは?「ハーボニー」...
  2. 新しい眠りの世界へ。▼ベルソムラとは?「ベルソムラ」は2014年に発売された睡眠薬です。
スポンサードリンク