イグザレルト/実臨床でのエビデンスに基づく実績

非弁膜症性心房細動患者さんのために
臨床試験、そしてリアルワールド(実臨床)でのエビデンスに基づく実績(世界では1,500万人以上での使用経験を有する)

▼イグザレルトとは?

「イグザレルト」は、血液を固まりにくくする血液凝固阻止剤です。心房細動による脳卒中や静脈血栓塞栓症の改善に使われます。「リクシアナ」(エドキサバン)に次ぐ2番目の経口FXa阻害薬です。

従来品の抗凝固薬「ワルファリン(ワーファリン)」とは作用機序が異なります。「イグザレルト」は吸収率が優れており、食べ物との相互作用もほとんど影響がないので、すばやく安定した効果が期待できます。ワルファリンのように、こまめに血液凝固能を検査したり、用量調節に神経をそそぐ必要が減少します。このような特徴から、抗凝固療法における新たな選択肢として期待されています。ただし、使いやすい薬剤とはいえ、出血に対する警戒が必要なことには変わりありません。

▼その他の血液凝固阻止剤

FXa阻害剤としては、他にも「イグザレルト」「リクシアナ」「エリキュース」などが出ています。同じ血液凝固阻止剤の「プラザキサ」とは作用機序が異なります。なお、「プラザキサ」「エリキュース」は1日2回の服用で、「イグザレルト」「リクシアナ」が1日1回の服用です。



▼抗凝固薬のシェア(DOAC売上比較)

「イグザレルト」は抗凝固薬(DOAC)市場全体の売上で、トップの座を獲得しています(2017年度現在)。市場規模が大きい“心房細動(AF)”の患者層が増えているのが要因です。

製品名(会社名) 2015年度売上 2016年度売上 2017年度売上
イグザレルト(バイエル薬品) 517億円 641億円 715億円
エリキュース(ブリストルマイヤーズ) 364億円 531億円 未公開
リクシアナ(第一三共) 130億円 250億円 453億円
プラザキサ(ベーリンガー) 310億円 285億円 259億円

▼DOAC4剤、新薬創出加算で明暗(追記:2018年3月)

経口抗凝固薬(DOAC)市場で、しのぎを削っている「リクシアナ」「プラザキサ」「イグザレルト」「エリキュース」ですが、「イグザレルト」と「エリキュース」が、新薬創出・適応外薬解消等促進加算の対象から外れることになりました。つまり、DOAC市場の売上トップ2製品が加算の対象外になったということです。

今回の見直しによって、「リクシアナ」と「プラザキサ」は、ジェネリック参入や収載後15年経過で資格を失わない限り、改定の都度、加算を受け続けることになります。一方、「イグザレルト」と「エリキュース」は、希少疾病の効能追加や有用性など、新たに条件を満たさない限り、加算を受けることが出来なくなりました。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、チェーンのように繋がれた紫のカラビナです。カラビナは、登山道具のひとつで、開閉できる金具がついたジュラルミン製のリングで、ロープとハーネス、ハーケンなどの支点を素早く確実に繋ぐことができるアイテムです。

紫のロープを血管に見立てて、カラビナ役の「イグザレルト」がロープの流れ(血液の流れ)をスムーズにする役割を果たしています。

本格的な登山というのは、精神的にも体力的にも苛酷な状態が続きます。心房細動は、心と身体が過労状態になると起こりやすくなる病気ですので、「イグザレルト」が心房細動患者を助ける“カラビナ”というイメージが込められています。


世界最高齢でエベレスト登頂を果たした登山家の三浦雄一郎さんが、心房細動を抱えながら活動を行っていたという事実も関係しています。

一般名:リバーロキサバン
製品名:イグザレルト錠10mg,15mg、細粒分包10mg,15mg
血液凝固阻止剤/Fxa阻害薬/選択的直接作用型第Xa因子阻害剤
バイエル薬品

イグザレルト(リバーロキサバン)10mg7錠入り

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ジャヌビア/92%の高いDPP-4阻害率

  2. ギリアド/C型肝炎

  3. 心疾患治療剤/エーザイの主な治療剤

  4. エディロール/新世代活性型ビタミンD3製剤

スポンサードリンク

コラム

  1. 企業広告に隠された利点

    皆さんは、企業広告というものをどのくらい気にかけていますか?正直に云って、あまり気にしていない方...

人気の記事

  1. Smile Again2012年8月1日より投薬期間制限が解除されました。
  2. ▼トラムセットとは?「トラムセット」は、国内で初めて1錠中にトラマドール塩酸塩(「トラマール」な...
スポンサードリンク