リバロ/スタチン初のOD

スタチン初のOD
高コレステロール血症には、ますますリバロ。
Neo Statin LIVALO Japan Origin

▼リバロとは?

「リバロ」は、体内のコレステロールの生成を抑える高脂血症の薬です。スタチン系に分類される種類の薬で“HMG-CoA還元酵素阻害薬”とも呼ばれます。スタチン系はコレステロール低下作用が強く、効果にも実績があります。高脂血症(高コレステロール血症)の治療に、非常に頻繁に使用されている薬です。ジェネリック(後発品)も豊富に出ています。

作用時間が長いので、1日1回の服用で済む薬剤です。「リバロ」の有効成分であるピタバスタチンは、糖尿病を患っているメタボリックシンドローの患者への投与に適していると言われています。

日本老年医学会が発行している【高齢者脂質異常症診療ガイドライン2017】では、スタチン系高脂血症治療薬を冠動脈疾患の二次予防に推奨しています。ただし、“スタチン系高脂血症治療薬は、高齢者の糖尿病の新規発症を増加させる”とも指摘しており、高齢者の処方には充分な注意が必要です(追記:2017年11月)。

▼高コレステロール血症とは?

高コレステロール血症という病気は、血液中のコレステロールが多すぎる状態のことを指します。自覚症状がない場合でも、長い時間をかけて少しずつ動脈硬化が進むと、心筋梗塞や狭心症といった深刻な病気の原因となる可能性があります。日常的にコレステロールを低下させておけば、将来発症するかもしれない心筋梗塞や脳梗塞などの深刻な病気のリスクを減らすことが可能です。「リバロ」には、コレステロールのほかに中性脂肪を低下させる効果もあります。

心筋梗塞や脳梗塞の多くは、血管内にこびりついて出来たプラークというコブ(粥腫)が破裂して、それが血栓となって血が流れなくなってしまって発症します。「リバロ」などの医薬品を使ってコレステロールを十分に下げてやると、プラークが安定して破裂しにくくなります。一度罹患した患者の再発防止にも役立ちます。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、「リバロ」おなじみの扇です。「リバロ」は“日本で開発された”というのが売りの薬で、和風テイストのキービジュアルを長年続けています。スタチン系で初のOD錠というのは意外でした。

▼リバロの副作用について

「リバロ」の主な副作用として、胃の不快感、吐き気、腹痛、下痢、指のしびれ感、頭痛、発疹、かゆみなどが、報告されています。自覚症状としては、倦怠感、運動してないのに脚やふくらはぎが筋肉痛、尿の色の異常、腹痛、吐き気などがあります。稀ですが、重大な副作用として、横紋筋融解症、ミオパチー、肝臓の不具合、間質性肺炎肝機能値の異常などが報告されています。

「リバロ」にかぎらず、コレステロール降下薬には“横紋筋融解症”という臓器機能不全に繋がる重大な副作用を発症することが知られていますが、横紋筋融解症が起こる可能性は極めて少なく、仮に起こったとしてもすぐに投薬を止めれば後遺症は残らず、身体の機能は快復します。異変に気がついたら服用を中止して、早急に医師に相談するべきです。特に腎臓に病気がある人や高齢者は注意が必要です。

スポンサードリンク


一般名:ピタバスタチン カルシウム
製品名:リバロ錠1mg,2mg,4mg
高脂血症用剤/スタチン系/HMG-CoA還元酵素阻害剤
興和

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. レミケード/抗TNF製剤

  2. ナルサス・ナルラピド/疼痛管理の標準薬

  3. プリズバインド/唯一のDOAC中和剤

  4. あゆみ製薬/リウマチ領域に特化

スポンサードリンク

コラム

  1. どんな病気でも治せる?/遺伝子組換え医薬品

    最近、医薬広告の世界にも、遺伝子組換え医薬品が増えてきました(当サイトでも遺伝子組換えというカテゴリ...

注目の医薬広告

  1. 睡眠は進化するDiscovery of Orexin  眠りの核心へ▼ベルソムラとは...
  2. 急性疼痛に新たな選択肢急性疼痛の効能・効果追加※手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛▼...
モイスティシモ